ビットコインのアドレス種類と性能比較

ウォレットアドレスは公開鍵から生成され、ブロックチェーンネットワークとのやり取りに不可欠です。さまざまな暗号通貨には異なるウォレットアドレスのフォーマットがあり、意図した暗号通貨に対応した正しいアドレスを使うことが肝要です。

2024-03-06 - 22:28
 0  96
ビットコインのアドレス種類と性能比較
ウォレットアドレスは、暗号通貨を送受信するための唯一無二の識別子です。

◆ ウォレットアドレスの解説

暗号通貨のウォレットアドレスは、ブロックチェーン上の個別識別子であり、特定の暗号通貨を保管するためのブロックチェーンウォレットに関連付けられた、ランダムに生成された英数字の連なりです。これはメールアドレスのように機能し、資金を保持者の口座に送るための十分な情報を提供しますが、ウォレットのセキュリティは保護されます。

各暗号通貨には独自のウォレットアドレス形式があります。例えば、Bitcoinのウォレットアドレスは通常、"1"、"3"、または"bc1"で始まり、Ethereumのアドレスは通常、"0x"で始まります。意図した暗号通貨に対応した正しいウォレットアドレスを使用することが重要であり、誤ったアドレスに送金すると資金を失う可能性があります。

◆ ウォレットアドレスの役割

ウォレットアドレスは、暗号通貨取引において極めて重要な役割を果たします。これにより、ユーザーはブロックチェーンネットワークを介してデジタル資産を送受信できます。暗号通貨を受け取る場合、送信者にウォレットアドレスを提供します。逆に、暗号通貨を送信する場合、受信者のウォレットアドレスが必要です。

他のユーザーのウォレットに暗号通貨を送信するには、彼らのウォレットアドレスを入力する必要があります。これは、受信者が提供したQRコードをスキャンするか、またはウォレットアプリの「送信」フィールドにコピー&ペーストすることによって行われます。ウォレットアドレスは最大で40文字の英数字で構成されるため、手動で入力するとかなり手間がかかることがあります。

◆ ウォレットアドレスの取り扱いに関する安全なヒント

ウォレットアドレスはセキュリティを重視して設計されていますが、それらを取り扱う際には特定の安全対策に従うことが重要です。資金を送受信する前に、ウォレットアドレスを常にダブルチェックして正しいことを確認してください。暗号通貨の取引は不可逆的であり、誤りがあると資金の永久的な損失につながる可能性があります。

ウォレットアドレスを共有することは安全ですが、プライベートキーは機密情報として扱う必要があります。プライベートキーを決して他人と共有しないでください。それをすると資金が盗まれる可能性があります。

◆ ウォレットアドレスの未来:ウォレット名サービス

暗号通貨の世界が進化するにつれて、それに関連する技術も進化しています。

そのような進化の一環として、ウォレット名サービスの導入があります。これは、複雑なウォレットアドレスをシンプルで人間が読みやすい名前で置き換えることを目指しています。これにより、暗号通貨の送受信が電子メールの送信と同じくらい簡単になり、ブロックチェーン技術の使いやすさがさらに向上する可能性があります。

◆ ウォレットアドレスとブロックチェーンの透明性

ブロックチェーン技術の注目すべき特徴の一つはその透明性です。すべての取引がブロックチェーンに記録され、一般にアクセス可能です。つまり、誰でも公開されたウォレットアドレスの取引履歴を追跡することができます。ただし、取引は透明ですが、疑似匿名です。ウォレットアドレスはユーザーの身元と直接関連付けられていないため、ユーザーに一定のプライバシーが提供されます。

◆ ビットコインのアドレスには3つの種類

●P2PKHまたはレガシーアドレス(古い形式)

数字「1」で始まり、26〜36文字のアドレスです。このタイプのアドレスから送金する際の手数料は、通常、Segwitアドレスよりも高くなります。なぜなら、古い形式のアドレスを使用した取引はサイズが大きくなるためです。
例えば、「1A1zP1eP5QGefi2DMPTfTL5SLmv7DivfNa」

●P2SH

数字「3」で始まり、P2PKHと似た構造を持っていますが、より複雑な機能を提供します。このアドレスを使用すると、一般的に取引手数料が少なくなります。
例えば、「3GRdnTq18LyNveWa1gQJcgp8qEnzijv5vR」

●P2WPKHまたはBech32

ブロックチェーンのブロックサイズを縮小して取引応答時間を高速化するために使用される先進的なアドレス形式です。このアドレスは「bc1」で始まります。取引手数料が最も低く、処理速度も速いのが特徴です。ただし、すべてのウォレットやシステムがサポートしているわけではありません。
例えば、「bc1qnkyhslv83yyp0q0suxw0uj3lg9drgqq9c0auzc」

最後に、FixedFloatは、新しい技術を導入することを目指しており、デフォルトでBech32アドレスを使用しています。

◆ 性能比較チャート

簡単にするために、以下の略語を使用します:

I – P2PKH、アドレスは「1」で始まります。

II – P2SH、アドレスは「3」で始まります。

III – P2WPKH(Bech32)、アドレスは「bc1」で始まります。

送信元 受信先 平均トランザクションウェイト 解説
I I 764 送信者のアドレスの種類が非常に重要であり、受信者のアドレスは効率にほとんど影響を与えません。
I II 756
I III 752
II I 541 P2SHの送信者アドレスを持つトランザクションは、古いP2PKHアドレスを持つものよりも29%以上安くなります。
II II 533
II III 529
III I 449 Bech32の送信者アドレスを持つトランザクションは、古いP2PKHアドレスを持つものよりも40%以上、P2SHアドレスを持つものよりも15%以上安くなります。
III II 441
III III 437

トランザクションウェイトは、Segwitと共に導入された指標で、トランザクションデータのWitness(=ScriptSig:電子署名+公開鍵))に対してそれ以外のデータが大き程、値が大きく(重く)なります。

What's Your Reaction?

like

dislike

love

funny

angry

sad

wow

だっちゃんxpr xrpの大ファンす。