Vitalik Buterin よりイーサリアムの最大ブロックサイズを縮小する5つの設計手法

最終的な提案として、calldata集中型アプリケーションに「EVM忠誠報奨」を提供し、補償する方法が検討されています。Calldataは、スマートコントラクトの関数呼び出しに提供される入力データのことを指し、オペコード(opcode)は、イーサリアム仮想マシン(EVM)で実行すべき計算を指示する命令を意味します。

2024-02-06 - 17:22
2024-02-15 - 15:18
 0  84
Vitalik Buterin よりイーサリアムの最大ブロックサイズを縮小する5つの設計手法
ロックのGas上限の増加と非ゼロcalldataバイトのコスト上昇により、より小さく変動が少ないブロックサイズを実現し、将来的に更なるデータブロックを追加するスペースを確保できます。

イーサリアムの共同創設者であるVitalik Buterinとイーサリアム財団は、イーサリアムの最大ブロックサイズを削減するための少なくとも5つの方法を検討しています。これは、「Rollup中心のロードマップ」に適応するブロックチェーンの最適化を目的としています。

2月5日、Buterinとイーサリアム財団の研究者Toni Wahrstätterは、Rollupに対する中長期的な注目とともに、ブロック空間の利用方法が最適化されていないとの見解を示しました。過去12ヶ月間で有効ブロックサイズがほぼ倍増したことを指摘しています。

これは、ますます多くのRollupがイーサリアムでデータアクセシビリティ(DA)を利用し始め、エングレービングなどの傾向が一因かもしれない」とButerinとWahrstätterは述べています。

これは、ますます多くのRollupがイーサリアムでデータアクセシビリティ(DA)を利用し始め、エングレービングなどの傾向が一因かもしれない

このブログ記事では、5つの異なる解決策が提案されており、それぞれの複雑さは異なります。これらは、ブロックのGas上限を増加させ、calldataの使用量を減らすことにより、最大ブロックサイズと変動を減少させ、将来的に更なるデータブロックを収容するためのスペースを確保することを目的としています。

「ブロックのGas上限の増加と非ゼロcalldataバイトのコスト上昇により、より小さく変動が少ないブロックサイズを実現し、将来的に更なるデータブロックを追加するスペースを確保できます。」 イーサリアムのGas上限とは、各ブロックでトランザクションやスマートコントラクトを実行する際に消費されるGasの最大量を意味し、ブロックが大きすぎるとネットワークのパフォーマンスや同期に影響を与えるために設定されています。calldataがGasを消費しネットワーク負荷を増加させるため、安全性を損なうことなくGas上限を引き上げる方法が求められています。

ButerinとWahrstätterが提案した最初の比較的シンプルな解決策の一つは、calldataのコストを16から42Gasに引き上げることです。これにより最大ブロックサイズが1.78MBから0.68MBに減少し、ブロックのGas上限を引き上げるためのスペースが確保されます。

ButerinとWahrstätterが提案した最初の比較的シンプルな解決策の一つは、calldataのコストを16から42Gasに引き上げることです。

Buterinは、calldataの価格とGas上限の間に「適合点」が存在すると述べています。

Buterinは、calldataの使用を抑えることで、データアクセシビリティのために大量のcalldataを必要とするアプリケーション(例えばStarkNetのような)に否定的な影響を及ぼす可能性があると考えています。

一方で、第二の解決策としてcalldataのコストを上げつつ、他のオペコードのコストを下げる方法も考えられます。

Calldataは、スマートコントラクトの関数呼び出しに提供される入力データのことを指し、オペコード(opcode)は、イーサリアム仮想マシン(EVM)で実行すべき計算を指示する命令を意味します。

二人は、EIP-4488の提案に従って、各ブロックのcalldataを制限する別の解決策もあると述べています。しかし、これもまたcalldataの使用を抑制し、それに依存するアプリケーションに影響を与える可能性があります。

したがって、データブロックの処理に似た独立したcalldata料金市場を作成することで、Gas上限を潜在的に増加させることが可能です。calldataの使用料金は需要に応じて自動的に調整されますが、分析や実施の複雑さが増すというデメリットがあります。

最終的な提案として、calldata集中型アプリケーションに「EVM忠誠報奨」を提供し、補償する方法が検討されています。

データブロックは大規模なデータパッケージで、データ処理と保存を最適化するためにイーサリアムブロックチェーンに組み込まれる予定で、EIP-4844 Dencunアップグレードで導入されます。

ただし、calldataのコストを単純に42に上げるのは「過度に単純化された方法」と指摘されており、独立した料金市場の創設は「複雑化しすぎる」との懸念も示されています。

「バランスの取れた解決策としては、calldataのコストを上げながら、特定のオペレーションのコストを下げるか、あるいはEVM内でcalldataを使用するためのインセンティブを提供するモデルへの移行が考えられます。」

Buterinは以前、2021年に各ブロックのcalldataを制限し、Gasコストを削減する提案をしていました。

1月には、Vitalik ButerinがイーサリアムのGas上限を33%引き上げ、40,000,000にすることを提案し、ネットワークのスループット向上を目指しました。

Gas上限の引き上げにより、各ブロックでより多くの取引が可能になり、理論上はネットワーク全体の処理能力と容量が増加します。しかし、これによってハードウェアの負荷が増え、ネットワークへのスパムや攻撃の潜在的なリスクも高まることが指摘されています。

What's Your Reaction?

like

dislike

love

funny

angry

sad

wow

bfmedia編集部 bfmedia編集部