Starbucks オデッセイ(Odyssey)NFTプログラムを中止に?

スターバックスの顧客や広い市場からのオデッセイNFTプログラムの受け入れと採用が、この決定に影響を与えた可能性があります。プログラムが期待されたエンゲージメントレベルやROIを満たさなかった場合、長期的に持続可能または戦略的でないと判断されたかもしれません。

2024-03-16 - 07:42
2024-03-16 - 08:00
 0  75
Starbucks オデッセイ(Odyssey)NFTプログラムを中止に?
スターバックスは、デジタルおよび顧客関与戦略をさらに発展させる過程で、オデッセイNFTプログラムを終了すると決定しました。

スターバックスが、プログラムのさらなる進化に向けた準備の一環として、NFTプログラムを終了することを金曜日に発表しました。この情報はFAQページにて明らかにされました。

先月のChain Reactionポッドキャストでプログラム責任者のスティーブ・カチンスキー氏に話を聞いたところ、金曜日に彼が自身の将来について会社で不透明感をツイートしたことが明らかになりました。以下は2月22日に行われたカチンスキー氏とのオリジナルインタビューです:

「NFT市場が過去の最高値から大きく下落している現状であっても、ブランドやロイヤリティプログラムが新しい手法でファンとのつながりを模索する価値はまだ大きい」とスターバックスオデッセイのコミュニティリードを務める「The Everything Token」の共著者、スティーブ・カチンスキー氏(Steve Kaczynski)は語りました。

カチンスキー氏は、報酬プログラムのような限定エリアへの「ブランドの足場」となる施策は、2024年に向けて企業がさらに拡大していくと述べています。「今年は、コミュニティを基盤としたブランド構築が多く見られるだろう」と、TechCrunchのChain Reactionポッドキャストでの話で彼は共有しました。

スターバックスは2022年にWeb3世界への初挑戦として「スターバックス・オデッセイ」(Starbucks Odyssey)を開始しました。このプログラムは、同社のスターバックス・リワードロイヤルティープログラムとNFTを融合させ、顧客体験をさらに豊かにするものであるとTechCrunchが報じています。

「私たちは人々が自分たちのコミュニティを見つけるお手伝いをしています」と、プログラム責任者のスティーブ・カチンスキー氏は述べています。「例えば、カリフォルニアに住む人々がスターバックス・オデッセイのコミュニティでシカゴの人々と深い友情を築き、実際に会うこともあります。これはWeb3のおかげで実現したことです。」

このロイヤリティプログラムは、少なくとも第一段階には58,000人以上のアクティブな参加者を持ち、5段階のシステムで構成されています。カチンスキー氏によると、「これらの参加者がすべてWeb3ネイティブであるわけではなく、Web3の人々だけが参加しているわけではありません。」

第5層に達した参加者は、セカンダリーマーケットから「相当な量」を購入しています。例えば、スターバックスは12月にトップ20の参加者をコスタリカに招待し、同社のコーヒー豆が生産される農場を訪問すると発表しました。

NFTを介して開発される「第三者のユーティリティ」には、スターバックスやナイキのような大企業だけでなく、地元のビジネスもロイヤリティプログラムを立ち上げたり、チケットを資産として活用するなど、様々な可能性があります。

カチンスキー氏はこのような例を紹介しました:例えば、食品ブランド「ホットポケット」がプロモーションを行い、同ブランドのフォートナイトスキンを購入し、それを暗号ウォレットに接続したゲーマーに20%の割引を提供する場合、「購入者も食事を楽しむ人も満足し、割引を得てエコシステムに参加することになります。このゲーマーは単なるゲーム愛好家ではなく、積極的に参加し、第三者の商品に使える所得を持つアクティブなプレイヤーです。」

NFTについて考える時、多くの人がインターネット上の高価な猿の画像を思い浮かべるかもしれません。確かにそれは「Bored Ape Yacht Club」の一部として存在しますが、NFTを所有することの価値はそれだけに留まらないとカチンスキー氏は指摘します。

「美術館に訪れて壁に掛けられた素晴らしい絵画を見たときのことを想像してみてください。その絵の写真を撮ることができますが、写真自体に価値はありません。価値があるのは、美術館がその絵を所有し、それがオリジナルであることを証明できるからです」とカチンスキー氏は語ります。「最近までデジタルアイテムではこれが不可能でした」と彼はNFTが登場するまでの状況を説明します。

ブランドや企業が購入や販売を通じて「真のロイヤリティを所有する」ことができるようになったのは新しい概念で、これにより関係が一方的であることが減少します、とカチンスキー氏は言います。「コミュニティのメンバー全員が購入や販売に参加しているわけではありませんが、多くの人にとってその選択肢があることが非常に重要です。」

まとめ

具体的な終了理由は明かされていませんが、企業が定期的にプロジェクトや取り組みを見直し、それらが現在のビジネス目標、市場状況、顧客の要求と一致しているかを確認することは一般的です。

スターバックスのオデッセイNFTプログラム終了の背後には、以下のような要因が考えられます:

  1. 市場の反応:顧客や市場からの反応が、この決断に影響を与えた可能性があります。プログラムが期待された関与や投資収益率を達成できなかった場合、長期的に持続不可能または戦略的でないと見なされたかもしれません。

  2. 戦略的再調整:スターバックスは、会社の全体的な目標とより密接に一致する、もしくはより高いリターンが期待できる他のデジタルエコシステムや顧客関与戦略への注力を決めた可能性があります。NFTプログラムを終了することで、これらの分野へのリソースを再配分できることになります。

  3. 技術的・規制上の課題:NFTやブロックチェーン技術の急速な進化とデジタル資産に関する規制の不確実性は大きな挑戦です。スターバックスは、プログラムの継続に伴う複雑さとリスクが利益を上回ると判断したかもしれません。

  4. 市場の変動性:NFTや暗号通貨市場の大幅な変動性を鑑み、スターバックスはそのような不確実性が高い市場とブランドを密接に結びつけるリスクを避けることを望んだ可能性があります。

  5. 顧客フィードバックとブランドイメージ:顧客からのフィードバックやブランドイメージへの影響も重要な考慮事項です。NFTプログラムが主要な顧客層に響かず、ブランドイメージを損ねる可能性があると判断された場合、スターバックスはプログラムの終了を選択したかもしれません。

スターバックスからのオデッセイNFTプログラム終了に関する具体的な理由の発表がないため、これらは企業がデジタルイノベーション戦略を調整する一般的な理由に基づく推測に過ぎません。

What's Your Reaction?

like

dislike

love

funny

angry

sad

wow

だっちゃんxpr xrpの大ファンす。