ブロックチェーンで独自の通貨を作る

独自の暗号通貨を作成する方法:ステップ・バイ・ステップガイド。 暗号通貨の世界に参入しましょう!思っているほど難しくはありません! わたしたちのステップバイステップガイドで、自分だけの仮想通貨を作る方法を学びましょう。

2024-02-02 - 10:52
2024-02-02 - 11:03
 0  78
ブロックチェーンで独自の通貨を作る
ブロックチェーンで独自の通貨を作る

暗号通貨の世界に参入しましょう!思っているほど難しくはありません! わたしたちのステップバイステップガイドで、自分だけの仮想通貨を作る方法を学びましょう!

暗号通貨やNFT(非代替性トークン)をはじめとする分散型デジタルアセットは、DeFi(分散型金融)、Web2とWeb3、IoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)といった、ブロックチェーン技術を駆使する多種多様な業界での応用に貢献しています。

サトシ・ナカモトやヴィタリック・ブテリンのような先駆者たちの足跡に倣って、未来の通貨を創り出すために自分だけの暗号通貨を立ち上げようと考えたことがある方も多いでしょう。それは確かに魅力的な挑戦ですが、同時に大きな困難も伴います。

この記事は初心者向けで、自分の暗号通貨を作る方法や、利用可能な選択肢について紹介していきます。

はじめる前に理解しておくべきこと

独自の暗号通貨を開発する複雑なプロセスを始める前に、理解しておくべき重要な点がいくつかあります。新しい資産をデジタル不動産のように効率的に市場に出して、コミュニティに受け入れられるようにする必要があります。

◆まずは基本的なことから始めましょう:

暗号通貨を作る際には、コインとトークンのどちらかを選ぶことができます。コインは自身のブロックチェーン上で運用され、トークンは既存のブロックチェーン上に構築されます。どちらもセキュリティと分散化を保証するためにブロックチェーン技術に依存しています。

◆暗号通貨を自作する主な方法は3つあります:

  1. 自身のブロックチェーンを最初から構築すること(コイン)
  2. 既存のブロックチェーンを改変すること(コイン)
  3. 既存のブロックチェーン上に構築すること(トークン)です

プロジェクトに最適な選択をするためには、法的な問題、使用事例、トークノミクス、立ち上げコストなどの要素を事前に考慮する必要があります。

選んだ方法によっては、基本的な技術知識やプログラミングスキルから、より高度な知識が求められることもあります。また、時間、資金、その他のリソース(忍耐、執念、そして少々の狂気)を大量に投資する必要があるでしょう。

最終的には、作成した暗号通貨を維持し、育て、成長させていくことが、最も大きな挑戦となるはずです。

◆ブロックチェーンが暗号通貨を必要とする理由

暗号通貨が存在する根本的な理由は、ネットワークインフラの提供者たち(マイニングを行う人々やステーキングによるバリデーターなど)への報酬として機能するためです。パブリックブロックチェーンはこれらの報酬を生成し、ネットワークのセキュリティや拡張、そしてトランザクション処理を支える人々を奨励しています。また、ユーザーがDAO投票やトランザクションを行うことで、ネットワークの成長に貢献しています。もし暗号通貨が存在しなければ、ネットワークへの参加者は自らのリソースや資金を投じてブロックチェーンを支える動機を持ちません。

例えば:ビットコインのシステムは、数学的な問題を解くことでネットワークに貢献する「マイナー」に対して暗号通貨を報酬として提供し、彼らの参加を促しています。この報酬メカニズムは、ネットワークにおける合意形成と動機付けに重要な役割を果たしています。もし暗号通貨の報酬がなくなれば、ステークホルダーがコンセンサスメカニズムを維持するインセンティブを失い、コンピューターハードウェアの購入や維持管理、そして運営コストを負担する意味がなくなります。このような状況は、ネットワークの分散化を損ない、51%攻撃などのセキュリティリスクを高める原因となります。

一方で、アマゾンNFTチェーンのようなプライベートまたは許可型のブロックチェーンでは、運営者がノードやバリデーターを自ら管理するため、外部からのバリデーターを奨励する必要がありません。従って、こうしたシステムでは暗号通貨は不要です。HyperledgerやCordaのようなプライベートブロックチェーンシステムがその例です。

パブリックブロックチェーンだけが暗号通貨を必要とし、プライベートブロックチェーンはその必要がありません。パブリックブロックチェーンはすべての人に開かれたものですが、プライベートブロックチェーンは通常、特定の組織によって管理される招待制のネットワークであり、ブロックチェーンの完全な制御を保持しています。

◆コインとトークンの違い

暗号通貨は、コインとトークンという二つのカテゴリーに分けられます。これらの違いを把握することは極めて重要です。例えば、ビットコイン(BTC)やソラナ(SOL)のようなコインは、それぞれ独自のブロックチェーン上に存在しています。一方で、トークンは特定の基盤となるチェーン(例:ERC20はイーサリアム、BEP20はバイナンススマートチェーン、SPLはソラナ等)上で機能し、特定のフォーマットに準じています。

コインはネットワーク全体にわたる特定の役割(例:ガスやガバナンス等)を持ち、一般には通貨としての価値を保存、生成、移転する手段として参加者間で利用されます。たとえば、ETHやERC20トークンを含む取引でも、ネットワーク上でのトランザクションを行うためには、ガス料金として少量のETHが必要です。

一方で、トークンは既存のブロックチェーン上に作られ、プロジェクト特有の機能(ガバナンスやステーキングなど)を提供しますが、ガスとしては使われず、その使用可能性や価値は限定されています。

創業者たちは通常、暗号通貨をローンチする前に、その暗号通貨のホワイトペーパーを作成し公開します。ホワイトペーパーは、その暗号通貨プロジェクトが達成しようとしている目的や、その手法を詳細に説明した技術文書です。

◆ホワイトペーパー

ホワイトペーパーは、資金調達や初期のサポーターの関心を引きつける上で非常に重要であり、学術論文とビジネスプランの間の境界があいまいな存在で、技術的な詳細や経済的な情報を伝達します。たとえば、どのようにして特定のニーズを満たし、既存の問題を解決し、私たちの生活を改善するかなどです。

ホワイトペーパーは、暗号通貨のトークノミクスやロードマップについての洞察も提供するべきです。理解しやすい形で、プロジェクトの能力に関する技術的な説明がなされている必要があります。

インスピレーションを得るためには、始まりに立ち返ることが大切です。例えば、ビットコインの「P2P電子キャッシュシステム」のホワイトペーパーは、すべての暗号通貨の創設者にとっての読みがいのある基本文献となっています。

プロジェクトを開始する前に考えるべきこと

◎行政と法律の許可

自分が住んでいる国で暗号通貨を運営することが法律上許されているかを確認することが不可欠です。暗号通貨が完全に禁止されている国もあれば、厳格な規制がある国も存在します。例えばアメリカでは、規制機関と暗号通貨企業との間で絶えず争いが発生しており、規制機関は時に暗号通貨を法的なグレーゾーンと見なし、規制の方針を予告なく友好的から敵対的に変更することがあります。

◎使用用途と目的

あなたの暗号通貨が果たすべき目的や利用ケースを熟考する必要があります。理論上、全ての暗号通貨には、その独自性を示す利用ケースや目的が存在するはずです。ホワイトペーパーに記載された利用ケースは、選ぶべきブロックチェーンや技術の種類を決定づけるでしょう。

◎コンセンサスメカニズムの選ぶこととその理由

そして、利用するコンセンサスメカニズムの選択も慎重に行わなければなりません。初期の暗号通貨では、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)プルーフ・オブ・ステーク(PoS)よりも好まれていました。

コンセンサスメカニズムは取引の処理とネットワークの保護に役立ちますが、その選択は暗号通貨のエネルギー消費量、分散性、セキュリティに大きな影響を及ぼします。ビットコインのようなPoWチェーンは、高い分散性とセキュリティで評価されていますが、エネルギーを大量に消費し、維持コストも高いです。イーサリアムは昨年行われたマージアップグレードを通じてPoWからPoSへと移行し、エネルギー効率を99.95%向上させました。

◎コインを発行するかトークンを発行するか

トークンを作る方がコインを発行するよりもるるめりと安上がりです。コインを発行するには独自のブロックチェーンを構築し、それを保護しなければなりません。例えば、ERC20トークンは数分で作れ、イーサリアムの優れた実績のあるセキュリティを即座に活用できる上、大きな互換性のあるエコシステムと既存のユーザーコミュニティにアクセスできます。

 もちろん、忘れてはならないのは、カルダノ(ADA)、BNBコイン(BNB)、トロン(TRX)、チェーンリンク(LINK)などの人気コインの多くが、主ネットに移行するまでは謙虚なERC20トークンとしてスタートしたことです。 しかし、トークンを発行する場合、基礎となるブロックチェーンのアーキテクチャとルールを採用しなければならず、生成される全ての取引手数料はおそらくネイティブ資産で表示されることになるでしょう。例えば、すべてのERC20トークンの取引には実行のためにETHガスが必要です。

◎トークノミクス

トークノミクスは、いまだにある暗号通貨投資家には完全に誤解されている暗号通貨にとって絶対に重要な要素です。 トークノミクスは暗号通貨の供給と需要に関連しています。これは、作られるコインやトークンの数、時間とともにどのように発行されるか、作成者や初期投資家がどれだけを所有しているか、発行を抑制するためにどのように燃やされたり買い戻されたりするかといった点を見る、賢明な投資家にとって必須の要素です。間違えると、プロジェクトは最終的に代償を払うことになります。

◎開発者を雇うか自分で構築するか

暗号通貨を設計、構築、管理することは小さな仕事ではありません(ビットコインを立ち上げるときでさえサトシ・ナカモトは助けを借りていました)。それには専門的な技術的知識が必要です。開発者でない場合でも、自分で作成することも、ブロックチェーン開発者やサービスプロバイダーを雇うこともできます。これはチェーンの範囲とアクティビティの規模に応じて非常に高価になる可能性があります。 

◎ホワイトペーパーとウェブサイト

ホワイトペーパーは洗練され、具体的で独自性があり、かつ理解しやすいものになっていますか?明確かつ簡潔なホワイトペーパーとウェブサイトを作成することで、暗号通貨の正当な地位を主張し、ビジョンと戦略をロードマップとともに全世界に公開することができます。

暗号通貨(クリプト通貨)を作る3つの方法

何を作りたいか、その目的がはっきりしたならば、ついに自分だけのインターネットマネーを作る時が来たと言えます。自分だけの暗号資産を作成する方法は、以下の3つがあります:

  1. 既存のブロックチェーンを変更(フォーク)する
  2. 既存のレイヤー1またはレイヤー2のブロックチェーン上で構築する
  3. 新しいブロックチェーンを作成する(コインを作成する)

自分のブロックチェーンを立ち上げて暗号通貨を作成することは、高度なコーディングやその他の技術的スキルなどのリソースが必要とされるため、最も困難なアプローチの一つです。オンラインコースで学ぶことは助けになるかもしれませんが、事前にある程度の知識が必要であり、内容が十分に深くない可能性もあります。

既存のブロックチェーンを修正(フォーク)してコインを作成する

自分自身のブロックチェーンを作るリソースがない場合は、既存のブロックチェーンのソースコードを使用して、新しいブロックチェーンとデジタル通貨を作成することができます。既存のブロックチェーンをフォークする方が、ゼロから作成するよりも迅速かつ複雑ではない場合があります。なぜなら、ほとんどのブロックチェーンのコードはオープンソースで、ダウンロードして好きなように修正できるからです。この方法では、セキュリティの脆弱性、バグ、欠陥、その他の問題を避けるために、高度な技術知識が必要となります。

もちろん、この方法には多くの先例があります。 模倣は誉め言葉の最高の形だと、UniswapをフォークしたSushiSwapチームに尋ねることができます。残念ながら、多くのフォークはコミュニティの分裂や対立により最後の手段として行われ、2017年のビットコインキャッシュ(そして2018年と2020年にも)のケースのように、別々の道を進むことになります。

ビットコインキャッシュとライトコインは、独自の通貨を作成するためにビットコインコアをフォークしました。そして、ドージコインは実際にはライトコインのプロトコルからフォークされたことをご存知でしょうか。ビットコインのSHA-256合意アルゴリズムではなく、スクリプト採掘アルゴリズムを共有しています。

既存のプラットフォームを利用してトークンを作成する

コーディングができない場合や予算が限られている場合には、この方法が最適です。なぜなら、犯罪のリスクが高い場所で店を開くよりも、堅固なセキュリティを備えた巨大なレイヤー1暗号商業施設を活用する方が賢明だからです。

2023年現在、イーサリアムやバイナンススマートチェーン、オプティミズム(コインベースの基盤ネットワーク)、アルビトラム、ポリゴンなどのEVM互換チェーンを利用して、暗号通貨やトークンを容易に立ち上げることができます。

イーサリアムネットワークはERC-20標準を採用しており、他のネットワークよりも技術的に複雑ではなく、プログラミング知識がそれほど必要ありません。ただし、選択するブロックチェーンによって異なります。

コーディングができなくても心配ありません。製品を完成させてくれる技術者や企業は多く存在します。また、使用しているプラットフォームのブロックチェーンインフラを理解し、無知による過剰請求を避けるために、少しプログラミングを学ぶのも良いアイデアです。

独自の暗号通貨を作成する方法:ステップ・バイ・ステップガイド

ここでは、一般的なプロセスをステップ・バイ・ステップで概説します。簡単にするために、実際の目的とビジョンを持った暗号通貨を作成することを前提とします。もしイーサリアムや他のチェーン上で単純なトークンを立ち上げるだけが目的なら、ウェブ上には数分でトークンを作成できるような簡易的なトークン作成プラットフォームが多数あります。

独自の暗号通貨を作成する方法:ステップ・バイ・ステップガイド

Step1:ユースケースの調査 ビルディングを始める前に、以下の点を把握してください。以前に述べたように、ユースケースと独自のセリングポイント(USP)は何ですか?暗号が解決する問題は何ですか?潜在的なユーザーに提供する利点は何ですか?他のチェーンがそれをすでに行っている場合、それをより良く実行できるかどうかはありますか?

新しい暗号資産を作成することは、多くの点で新しいスタートアップビジネスを立ち上げることと変わりません。新世代のNFT創設者は非常に巧みになっており、同じ計画が必要です。実際の製品/市場適合度を達成するために、マーケティング分析と研究を十分に行ってください。

トークンがどの問題を解決するかを知っていることは、反応性のあるターゲットオーディエンスを特定し、ローンチ後の高度にターゲットされたマーケティングプランを作成するのに役立ちます。

Step2:コンセンサスメカニズムの選択 あなたの目標と要件に合ったメカニズムを選択してください。計算集約型のProof of Workやエネルギー効率の高いProof of Stakeなどが考えられます。SolanaのProof of History(PoH)のような一部のメカニズムは非常に革新的ですが、他の問題を伴うことがあります。

Step3:ブロックチェーンプラットフォームの選択 トークンをホストするためのブロックチェーンプラットフォームを選びましょう。EthereumやBinance Smart Chainは人気のある選択肢ですが、他にも多くの選択肢が考慮されるべきです。コスト、スケーラビリティ、セキュリティなどの要因を考慮して、決定を行いましょう。

Step4:ウェブサイトとソーシャルメディアにホワイトペーパーを公開 ステップ1から3までを終えた段階では、今や自分が何を構築しようとしているのかを非常によく理解しているはずです。これらの情報を自身の宣言にまとめる時がきました。他のブロックチェーンによる成功したローンチを調査し、彼らが正しく行ったことと誤ったことを理解しましょう。その後、彼らのトークン経済学とネットワーク発行量をローンチ後の結果と比較し、独自のトークン経済学構造を作成しましょう。そして、自身のホワイトペーパーを執筆し、ウェブサイトに公開してください。そして、それを広く共有しましょう。

Step5:ノードの設計 ノードはブロックチェーンの構成要素であり、トランザクションを保存および検証します。必要なハードウェア、たとえばプロセッサ、メモリ、およびディスク容量などを取得します(必要な場合)。

Step6:ブロックチェーンの内部アーキテクチャの確立 さて、ブロックチェーンの内部アーキテクチャを作成し、アドレスと公開/秘密鍵の形式、許可設定、および暗号資産の発行方法などのルールとパラメータを設定します。これらの要因はプラットフォームが稼働している間にソフトウェアのアップグレードなしに変更できないため、注意深く考慮することが重要です。

Step7:コインまたはトークンの作成 いよいよ、あなたの暗号資産を作成する時がきました。ERC20を選択する場合、オンラインコースを受講したり、無料のオンラインツールを利用したりすることができますが、まずは十分な調査を行うことが重要です。プラットフォームが信頼性があり、必要な機能を提供していることを確認し、悪意のあるコードや詐欺を避けるために注意してください。また、予算に余裕がある場合は、クラウドソーシングのフリーランスサイトで評判の良いブロックチェーン開発者を雇うことも検討できます。

Step8:APIとユーザーインターフェース(UI)の設計 次に、あなたのブロックチェーンが参加者とコミュニケーションを円滑に行うためのユーザーフレンドリーなインターフェースを設計します。その複雑さに応じて、ウェブ、メール、FTPサーバー、外部データベース、HTML5、CSS、PHP、C++、Java、Javascript、またはPythonなどのフロントエンドプログラミング言語が必要になるかもしれません。

Step9:あなたの暗号資産のプロモーションとコミュニティの構築 さあ、誇り高い新しい親として、選ばれた暗号資産を熱心なフォロワーに知らせる時が来ました。仮想通貨のインフルエンサーにアプローチしましょう(ただし、ポンプアンドダンプの宣伝者ではありません!)、パートナーとなるIDOランチパッドや資産をリストに掲載する取引所を見つけましょう。キャンペーンを展開し、実行可能であればエアドロップを行い、関連するオンラインコミュニティやフォーラムに参加しましょう。アメリカにいる場合は、後で証券関連の法的問題を回避するためにハウイー・テストについて理解しましょう。

まとめ

自分自身の暗号資産を作成することは、最初は難しくて、やる気をなくされそうで困難な課題のように感じるかもしれませんが、自身の財産を管理し、銀行に頼らずに生活する可能性も同様に難しいです。このガイドの情報とステップに密接に従えば、おそらく情熱的な新しい一生の追求になることを期待できるでしょう(これがあなたに当てはまることを願いましょうし、規制当局があなたを追いかけていないことを願いましょう。)

旅路で幸運を祈り、学び続け、構築し続け、Dead Coins(無価値なコイン)のリストに載らないよう努力しましょう!

bfmediaより指摘:

『ブロックチェーンは何を保存しているの?』

『暗号通貨のお金はどこに保存されているの?』

What's Your Reaction?

like

dislike

love

funny

angry

sad

wow

bfmedia編集部 bfmedia編集部