2022年1月時点での暗号資産マイニングの状況

中国が2021年にマイニング活動を禁止した後、マイニングのハッシュレートが大きく変動しました。これにより、多くのマイナーが他の国々に移転する動きが見られました。

2023-10-07 - 06:27
2024-03-07 - 23:22
 1  69
2022年1月時点での暗号資産マイニングの状況
環境への配慮から、マイニング業界では再生可能エネルギーの使用やエネルギー効率の高いマイニング機器の導入が進められていました。

最後のデータ更新は2022年1月までですので、それを基に情報を提供いたします。2023年までの最新情報は持っていませんので、その点をご了承ください。

2022年1月時点での暗号資産マイニングの状況は以下のような特徴がありました:

  1. ビットコインマイニング: 中国が2021年にマイニング活動を禁止した後、マイニングのハッシュレートが大きく変動しました。これにより、多くのマイナーが他の国々に移転する動きが見られました。特にアメリカやカザフスタン、ロシアなどの国々が新たなマイニングのホットスポットとして台頭してきました。
  2. エネルギー効率の追求: 環境への配慮から、マイニング業界では再生可能エネルギーの使用やエネルギー効率の高いマイニング機器の導入が進められていました。

  3. EthereumのProof of Stake移行: イーサリアム(Ethereum)は、エネルギー消費を減少させる目的で、Proof of WorkからProof of Stakeに移行する方針を固めていました。この変更により、イーサリアムのマイニングの需要が大きく減少すると予測されていました。

  4. ASICマイナー: ビットコインをはじめとする主要な暗号資産のマイニングには、専用のASICマイナーが主流でした。これらは、高いハッシュレートを持ち、高いエネルギー効率を持つものが多いです。
  5. Altcoinのマイニング: ビットコインイーサリアム以外の暗号資産も引き続きマイニングされており、一部のマイナーはより利益率の高いコインを探して転換している場合がありました。

このような背景の中で、マイニング業界は変動し続けていました。最新の情報については、bfmedia関連するニュースサイトやフォーラム、業界のレポートなどを参照すると良いでしょう。

What's Your Reaction?

like

dislike

love

funny

angry

sad

wow

bfmedia編集部 bfmedia編集部