マイクロストラテジー株とスポットビットコインETFの比較

TDカウエンの分析:スポットビットコインファンド登場でも、マイクロストラテジー(MicroStrategy)株のビットコイン対比プレミアムは減少するが完全には消えない。

2024-03-09 - 20:25
2024-03-09 - 22:36
 0  81
マイクロストラテジー株とスポットビットコインETFの比較
先週のスポットビットコインETFの画期的なローンチにより、投資家はBTCにより簡単にアクセスできる新たな手段を得ました。

アメリカのスポットビットコインETFマイクロストラテジー(MicroStrategy)の株式がビットコインに対して持つプレミアムを縮小させる可能性があるものの、同社の株式はこれらのファンドに比べて特定の利点を提供し続けると一部の業界関係者は指摘しています。

ビジネスインテリジェンス会社であるマイクロストラテジーの株式は、同社が大量に保有するビットコインにより、過去にビットコインの代替として利用されてきました。マイクロストラテジーは、公開されている企業の中で最大のビットコイン保有者であり、12月26日時点で合計189,150BTCを保有しています。しかし、先週のスポットビットコインETFの画期的なローンチにより、投資家はビットコインにより簡単にアクセスできる新たな手段を得ました。

TDカウエンのアナリスト、ランス・ヴィタンザは、今月初めに、米国のスポットビットコインETFがビットコインの価格を大幅に上昇させ、マイクロストラテジーがビットコインに対して取引されるプレミアムを圧縮し、「MSTR株の価格に大幅な上昇をもたらすだろう」と予想していました。

ヴィタンザによると、マイクロストラテジーの株式がビットコインに対して取引されるプレミアムは、およそ40%から15%から25%の間に低下する可能性があります。

マイクロストラテジーの株価は、木曜日の市場終了時点で過去5日間で18.5%下落しています。その期間にビットコインの価格は約4.5%下落していました。

ヴィタンザとリサーチアソシエイトのジョナサン・ナバレッテは1月16日のリサーチノートで、ETFのローンチがマイクロストラテジーのビットコインプレミアムを押し下げたものの、同社の株式は独自の利点を提供すると記述しました。

「これらの利点の中で最も重要なのは、株主が管理費を支払う必要がなく、企業のオーバーヘッドはその運用するエンタープライズソフトウェアビジネスに関連するキャッシュフローによって負担されることです。実際、企業のオーバーヘッドを差し引いても、同社のフリーキャッシュフローは株主からではなく株主に支払われる「逆手数料」として機能します。」

TDカウエンのアナリストは述べています。

TDカウエンは、マイクロストラテジーの運営するソフトウェア事業を12億5千万米ドルの価値があると評価しています。同社の第3四半期のソフトウェアライセンスとサブスクリプションサービスからの収益はそれぞれ4500万米ドル、2100万米ドルでした。

アンプリファイ変革的データ共有ETF(BLOK)の共同ポートフォリオマネージャー、ダン・ワイスコフは、昨年ビットコインの価格を大幅に上回るマイクロストラテジーの株価上昇を受け、最近の株価調整は「当然の成り行き」とBlockworksに語りました。

ワイスコフは、マイクロストラテジーの創設者マイケル・セイラー氏とそのチームが資本構造を巧みに管理し、ビットコインの追加購入を行っていると評価しつつも、スポットビットコインETFの登場が投資家に新たな選択肢を提供していると指摘しました。

「マイクロストラテジー経由でビットコインに投資している人々が、ETFへの投資に切り替えるために資本利得税を払ってまで売りたいと考えるかどうかが問題です」とワイスコフは述べ、「現在のビットコイン価格で190,000ビットコインと低利の借入を考慮した場合、企業価値の評価は短期的に見ても魅力的だと感じています」とも語りました。

また、同社は10月に、企業がデータアプリケーションに生成型AIを取り入れることを可能にする新製品を発表しました。

「マイクロストラテジーがソフトウェア事業をどのように展開していくのか、そして株価にAIがどのようなプラス効果をもたらすのかが私の疑問です」とワイスコフはさらに付け加えました。

ヴェイルシャイア・キャピタル・マネジメントの創業者ジェフ・ロスはXスペースでの木曜日の発言で、今後の強気市場の場合、ビットコインマイナーやマイクロストラテジーがビットコインを上回る可能性が高いと信じていると述べました。

「個人的に私のクライアントのために、ビットコインマイナーに固執してきましたが、それ以上にマイクロストラテジーに固執しています」とロスは言いました。「[セイラーは]自社の株式が過大評価されているときにそれを市場に分配し、その現金でビットコインを購入することについて素晴らしい仕事をしています。彼はビットコインをさらに購入するために低金利で借金をするタイミングを知っています。」

マイクロストラテジーは8月に、カウエン・アンド・カンパニー、カナコード・ジェニュイティ、ベレンバーグ・キャピタル・マーケッツとの販売契約に入ったことを示し、それらのいずれかまたはすべてと最大7億5000万米ドルの株式を販売するとしました。最高財務責任者のアンドリュー・カンは、同社がその収益を「一般企業目的」、ビットコインの購入を含むために使用できると述べました。

ヴィタンザとナバレッテは1月16日のリサーチノートで、同社のビットコインに対するプレミアムの将来的な縮小は、ビットコインの価格の上昇によって相殺されると最終的に期待していると述べました。

セグメントの観察者は、スポットビットコインETFのさらなる採用と次のビットコイン半減期が一致するにつれて、ビットコインの価格が上昇すると予想しています。

彼らは追加しました:「マイクロストラテジーが管理手数料を欠いている、有機的なビットコインの増加...賢明な財政レバレッジの使用、および下落保護を鑑みれば、重要なプレミアムが正当化され続けると私たちは信じています。」

TDカウエン(TD Cowen)とは?

TDカウエン(旧カウエン社)は、TDセキュリティーズの下で活動するアメリカ発のグローバル投資銀行兼金融サービス企業です。

事業はブローカーディーラー部門と投資管理部門の二つに分かれており、投資銀行サービス、株式・信用調査、販売・取引、グローバルプライムブローカレッジ、外部取引委託、グローバル清算、手数料管理サービスなどを提供します。また、投資管理部門では、積極的に運用される代替投資商品を提供しています。

1918年設立の同社は、ニューヨークに本社を置き、世界各地にオフィスを構えています。

新興産業、特にカンナビス産業の早期発見で知られるカウエンは、2022年8月2日にトロント・ドミニオン銀行(Toronto-Dominion Bank)によって13億米ドルでの買収が発表され、2023年3月に買収が完了しました。

What's Your Reaction?

like

dislike

love

funny

angry

sad

wow

だっちゃんxpr xrpの大ファンす。