ERC-404とその重要性

ERC-404とは Pandoraチームによって開発されたERC-404は、代替トークンとNFTのギャップを埋めることを目的とした、未監査トークンの新しい標準です。

2024-02-08 - 17:45
2024-02-08 - 18:36
 0  98
ERC-404とその重要性
新しい実験的なトークン標準であるERC-404が解決しようとしているものです。

新しい実験的なトークン標準の解説。

イーサリアムのエコシステムでは、デジタルキャッシュの場合には同質なERC-20トークンが使われ、デジタルコレクションの場合には非同質なERC-721トークンが使われています。

しかし、もし両者の利点を組み合わせることができたらどうでしょうか?

それが、新しい実験的なトークン標準であるERC-404が解決しようとしているものです。今日の記事では、この非公式の標準の基礎と、この仕様を使用して構築された最初のプロジェクトであるPandoraについて説明します。

ERC-404とは? 

基本的な概要:ERC-404は、Pandoraチームによって開発された新しい非公式のトークン標準であり、同質なトークンとNFT(非同質トークン)の間のギャップを埋めることを目指しています。

仕組み:ERC-404は、通常は相互作用が設計されていないERC-20およびERC-721の標準から要素を創造的に組み合わせています。そのERC-721のアプローチは、トークンの分割転送にトークンの鋳造と焼却を依存することで、通常の方法から外れています。

「この概念の設計のこの側面は意図的であり、NFTにネイティブな分割、流動性を持たせ、一部の取引や参加を促進することを目指しています」と、標準のGitHubページに記されています。

重要性:NFTの分割化プロトコルでは、NFTをロックして実質的にその対象に対して株式を発行することができます。それに対して、ERC-404は、標準を採用したNFTプロジェクト内でNFTにネイティブな分割を実現するように設計されています。これにより、NFTの実験や取引に新たな可能性が広がります。

なぜ非公式なのか?

ERC-404は、名前だけで「ERC」とされており、実際には公式のステータスを持っていません。

公式ではありません:ERC-404は、名前だけで「ERC」とされており、実際には公式のステータスを持っていません。つまり、これは従来のEthereum Improvement Proposal(EIP)やEthereum Request for Comments(ERC)プロセスを通じて開発されたものではなく、Ethereumに変更を加える際や新機能を導入する際に行われる徹底的な議論やコミュニティによる検証を経ていません。

コントラストERC-20やERC-721などの公式のERCは、Ethereumエコシステム内でのセキュリティ、有用性、互換性について十分に検証されています。この形式的な導入プロセスは、新しい標準を導入する際のリスクを軽減するのに役立ちます。ERC-404のイノベーションにも関わらず、公式な検証が行われていないため、潜在的な脆弱性や効率の低下が十分に対処されていない可能性があります。

リスクの増加:イノベーションは重要ですが、未監査で潜在的に欠陥のあるシステムをプロジェクトに統合するリスクは、Ethereumエコシステムのセキュリティを危険にさらす可能性があります。非公式な標準は、ブラックハットにとって多くの易しい攻撃対象を提供することが予想されます。ERC-404を公式に認識せずに採用することは、他の実験的な標準に対する前例を設定する点で懸念があります。

パンドラ101

基本情報:ERC-404標準で最初に構築されたプロジェクト、パンドラは、10,000のERC-20トークンと10,000の関連する「レプリカント」NFTを提供しています。取引所で1つの完全なPANDORAトークンを購入すると、関連する1つのレプリカントNFTがあなたのウォレットに鋳造されます。1つのPANDORAトークンを売却すると、それに接続されたNFTが破棄されます。

希少性の仕組み:レプリカントNFTがあなたのウォレットに鋳造されるたびに、独自の希少性が表示されます。最も一般的なレプリカントは緑色であり、最も希少なものは赤色です。

そのため、PANDORAトークンを取引して、受け取ったレプリカントの希少性を「リロール」することができます。コレクションの名前がパンドラであり、レプリカントが現在は箱として表現されていることから、後で何かが「開かれる」可能性があると言えます。

サポートプラットフォーム:ERC-404は実験的なため、多くのプラットフォームが自動的にその標準をサポートしていません。ただし、パンドラはすでにUniswapなどの分散型取引所やBlur、OpenSeaなどのNFTマーケットプレイスで取引されています。

急上昇:立ち上げから1週間未満で、パンドラとレプリカントは興奮したトレーダーが参加する中で価値が急上昇しました。その期間にパンドラは440%以上上昇し、現在の価格は約8,385ドル(約3.52 ETH)です。一方、レプリカントの底値はBlurで現在約3.7 ETHです。

立ち上げから1週間未満で、パンドラとレプリカントは興奮したトレーダーが参加する中で価値が急上昇しました。

一過性のブームなのか、それとも定着するのか?

要点:パンドラは興味深い実験的な試みです。そのコードは最適化されていない部分がありますが、NFTのスマートコントラクトレベルでの分割化を革新しており、これが今後のさらなる実験の道を開くでしょう。一方で、非公式な標準がEIPやERCのプロセスを経ずに市場に投入される可能性もあります。これにより、検証されていない脆弱性による資金の損失のリスクが高まります。

注目すべき点:今後、ERC-404の上でさらに多くのコレクションが立ち上がり、その技術を統合するプラットフォームが増えることが期待されます。後者に関しては、Wasabi ProtocolやPeapods Financeなどの小規模なプロジェクトが最近これに取り組んでいます。

注意が必要:ERC-404は現在検証されていないため、まだ発見されていない欠陥がある可能性があります。つまり、これらの初期の実験的な段階で失うことのできる金額以上をERC-404プロジェクトに投資しないようにしてください。また、PANDORAトークンを売却すると、最後に受け取ったReplicantが消滅しますので、保持したいものを誤って消去しないように注意してください。

What's Your Reaction?

like

dislike

love

funny

angry

sad

wow

だっちゃんxpr xrpの大ファンす。