2024年ビットコインマイニング予測

2022年の市場低迷により弱体化した業界にとって、必要な第二のチャンスをもたらしました。しかし、2024年に向けて、マイナーは別の大きな挑戦、すなわちビットコインの第4回目のハービングに直面しています。

2024-02-06 - 22:51
2024-03-08 - 20:49
 0  104
2024年ビットコインマイニング予測
さまざまなビットコインETFが最近承認されたことを踏まえると、ビットコインマイニング株はビットコインの代替投資としてのプレミアムを失うことが予想されます。

2023年はビットコインマイナーにとってまさに救いの年となりました。

2022年の市場低迷により弱体化した業界にとって、必要な第二のチャンスをもたらしました。しかし、2024年に向けて、マイナーは別の大きな挑戦、すなわちビットコインの第4回目の半減期に直面しています。この半減期は、ビットコインのブロック報酬を6.25 BTCから3.125 BTCに減らし、マイナーの収益が50%減少することを意味します。

ビットコイン半減期
2009年 1月 50.00 BTC
2012年 11月28日 25.00 BTC
2016年 7月9日 12.50 BTC
2020年 5月12日 6.25 BTC
2024年 5月? 3.125 BTC
2028年

5月?

1.5625 BTC?

過去の半減期と同様に、2024年のビットコイン半減期は現在のマイニング市場に消し難い影響を与えるでしょう。

第3回目の半減期(2020-2024年)自体が直接の原因ではないものの、中国が2021年に実施したマイニング禁止令とそれに続くハッシュレートの大規模な移動は、第2回目の半減期期間(2016-2020年)とは全く異なるマイニング市場を形成する契機となりました。

私たちは、第4回目の半減期がさらに大きな変化をもたらし、ビットコインのハッシュパワーの新しい地理的再配分が起こる可能性があると考えています。2024年および今後数年間にわたって、私たちは以下のような状況を(大まかに)予測しています:

ビットコインのハッシュパワー分布がよりグローバル化されることが予想されます

北米のハッシュパワーの主導的地位は弱まると見られています。第2回目の半減期時期には、中国がビットコインネットワークのハッシュパワーの大部分を占め、ピーク時には全体の70-90%を占めていました。中国のマイニング禁止令の実施後、このパワーバランスは北米へと移行し、2021年の夏から現在にかけて、米国とカナダが全世界の約50%のハッシュパワーを占めています(変動あり)。

世界ビットコインマイニング地図

北米の世界的なハッシュパワーシェアがピークに達し、2024年4月の半減期後に減少すると見られています。マイナーの利益が圧迫されるため、より安価な電力を求めて彼らは移動すると予想されます。南米、アフリカ、その他の未開発地域が顕著な成長機会を迎えるでしょう。

小売ホスティングサービス業界は大きな打撃を受ける見込みです

北米(および他の地域)では、マイニング利益の低下によりホスティング業者と顧客の両方が圧迫されるため、小売ホスティングサービス業界が低迷すると予想されています。

2023年の米国の平均オールインクルーシブホスティング料金は0.078ドル/KWh、カナダは0.072ドル/KWhで、2023年第4四半期にはそれぞれ0.078ドル/KWhと0.071ドル/KWhになりました。

カナダの各州の平均ホスティングコスト(2022年Q4 VS 2023年Q4)

カナダの各州の平均ホスティングコスト(2022年Q4 VS 2023年Q4)

アメリカの各州の平均ホスティングコスト(2022年Q4 VS 2023年Q4)

アメリカの各州の平均ホスティングコスト(2022年Q4 VS 2023年Q4)

半減期後のマイニング経済を考慮すると、ホスティングコストが平均的またはそれ以上であるマイナーは利益を維持することが困難になり、2024年に生き残るのは有利な料金を享受するマイナーのみとなる可能性が高いです。

2024年は合併や買収活動を促進する一年になるでしょう

ハッシュパワーの価格が圧迫される中、2024年及び2025年には合併、買収、資産売却が増加すると見込まれます。

2022年はすでに前触れがありました。ハッシュパワー価格が急落し、第4四半期には歴史的な最低点を記録した際、ビットコインの大手ホスティングサービスプロバイダーの一つCompute Northが破産と清算を発表し、Argoや他のマイニング企業も資産の売却を行いました。

大手上場マイニング企業の資産売買活動一覧

大手上場マイニング企業の資産売買活動一覧

2023年の財政難の中では大規模な資産買収や買収活動はほとんど見られませんでしたが、ビットコインマイニング史上最大の合併、Hut 8とUS Bitcoinの合併が行われました。2024年の買収活動は2022年の水準に達するか、それ以上になると予想されています。

インスクリプション及び他のブロック空間利用活動により、取引手数料収入は引き続き上昇する

2024年におけるインスクリプション活動やブロック空間の代替利用は、取引手数料の水準を2023年の平均水準に匹敵するか、それ以上にすると見込まれています。

2023年最大のサプライズは、ビットコイン上で非代替性トークン(NFT)の新技術標準であるOrdinalとインスクリプションが市場に登場したことです。ビットコイン上でデジタルアート作品や工芸品を作成するこの新しい方法は、取引手数料をマイニング収入の重要な源泉としました。

実際、2023年のビットコイン取引手数料総額はビットコイン史上2番目に低く、797,867,915ドルを稼ぎ出し、2021年の記録的な1,019,725,113ドルに次ぐものでした。2023年の取引手数料はブロック報酬の7.6%を占め、2022年は1.5%でした。

ブロック報酬に占めるトランザクション手数料の割合変動図

ブロック報酬に占めるトランザクション手数料の割合変動図

インスクリプション活動は、2022年12月から2023年末までの間に1.88億ドルの取引手数料を生み出し、マイナーは2023年第4四半期に1.295億ドル(総手数料の69%)を稼ぎました。また、マイナーは2023年第4四半期に2023年の総取引手数料報酬の63%(5.018億ドル)を稼ぎ出しました。

もしビットコインが今年さらに上昇するなら、インスクリプション活動の取引量は2024年にさらに増加すると予想されます。

ビットコインマイニング株は、その価格プレミアムを失う可能性があると見られています

歴史的に見て、投資家はビットコインマイニング株をビットコイン取引の高ベータ戦略として利用してきました。これらの株はビットコインの代替品として、またビットコインの価格上昇時に超過収益を生む資産として使用されています。

下のベータチャート分析によると、ビットコインマイニング株は強気市場や弱気市場において、その相関性の傾向を示しています。弱気市場では、株価の変動がビットコインの日次変動とより密接に関連していることが見られます。一方、強気市場では、株はビットコインと強いベータ関連性を持っており、ビットコインに対して強い上昇リターンを示します。トレーダーは、ビットコインマイナーとビットコイン現物価格の日次変動の相関性を観察することで、リターンをより適切に把握できるでしょう。この傾向が上昇する時(> 1.15ベータ)、ビットコインマイナーはより強いリターン期待へと移行していると考えられます。

上場マイニング企業ごとのビットコインベータ係数の比較

さまざまなビットコインETFが最近承認されたことを踏まえると、ビットコインマイニング株はビットコインの代替投資としてのプレミアムを失うことが予想されます。これは、投資家が多様なビットコインETFを通じて直接利益エクスポージャーを得ることができるためです。投資家は引き続きこれらをビットコイン価格の高ベータな露出手段と見なすかもしれませんが、ETFの存在が価格プレミアムを削減する可能性があります。

What's Your Reaction?

like

dislike

love

funny

angry

sad

wow

bfmedia編集部 bfmedia編集部