Bitcoin Fogが資金洗浄の疑いでビットコインの上昇が米国CPI報告後に停滞

1月の消費者物価指数(CPI)の発表が、予想を上回る0.3%となり、金融市場全体に弱気が広がり、ビットコイン(BTC)の50,000ドルを超える上昇は逆転しました。

2024-02-15 - 05:20
2024-03-17 - 22:29
 0  17
Bitcoin Fogが資金洗浄の疑いでビットコインの上昇が米国CPI報告後に停滞
Bitcoin Fogが洗浄の容疑で告発され、米国CPI報告後にビットコインの上昇が停滞

ロシアとスウェーデンの二重国籍者が、裁判の冒頭で検察官が主張したところによれば、暗号通貨ミキシングサービスを運営し、それが主に違法な薬物を販売することで知られるダークネット市場から数千万ドルを移動するのに重要なリンクとして機能していた。

暗号通貨ミキシングサービス(Cryptocurrency Mixing Service)とは、暗号通貨ミキサー(Crypto Mixer)ともいわれるサービスです。暗号通貨の各トランザクションを混ぜ合わせることで、保有者の匿名性を高め、資金経路を見えなくするサービスです。暗号通貨ミキシングサービスはサイバー犯罪者やランサムウェア運用者にしばしば用いられており、米財務省から制裁を科された事業者も出ています。

ランサムウェア運用者は、取得した暗号通貨身代金を、ミキシングサービスを通じて匿名化することで、当局の訴追を逃れようとします。代表的なサービスとしてChipMixerやUltraMixerなどがあります。過去に問題視されたサービスとしてトルネードキャッシュも有名です。2023年3月、FBIとドイツ法執行機関は、サイバー犯罪組織やランサムウェアギャングに対しマネーロンダリング・サービスを提供してきたChipMixerを摘発し、運用を停止させました。

ChipMixerが加担した資金洗浄には、LockBit、Zeppelin、SunCrypt、Mamba、Dharmaが関与していました。
摘発に合わせて、米司法省はベトナム国籍の人物をChipMixer運営者として訴追しました。

クリストファー・ブラウンは、ワシントンの連邦裁判所でのオープニングステートメントで、ロマン・スターリングオフがBitcoin Fogと呼ばれる「オンラインマネーロンダリングサービス」を運営していたと述べ、このサービスは異なる所有者からのトークンを混ぜ合わせ、取引を追跡するのを難しくすることを目的としていたと述べた。ブラウンは、スターリングオフがミキシングサービスを立ち上げた際に、自分の役割が「霧の中で隠れたままであるように」手を尽くしたと付け加えました。

しかし、スターリングオフの弁護士であるトール・エケランドは、陪審員に向けて政府の証拠が不十分であると述べ、目撃者の証言やサーバーログが犯罪事件を裏付けるものはないと指摘しました。「スターリングオフがBitcoin Fogを運営した証拠は一切見せられません」と彼は述べました。

一般的に、有名な暗号通貨の被告人は有罪を認めることが多い中、スターリングオフはほぼ3年前の逮捕以来、無実を主張し、起訴に対して闘うと主張しています。彼の異例の防衛策には、ジャスティスおよび財務省が暗号通貨の資金洗浄事件で追跡に協力するために頼むことが多いウォールストリートの支援を受ける企業であるChainalysisを攻撃することも含まれています。

エケランド氏は、その技術を「ごみの科学」と批判し、Chainalysisの正確性はエラー率を特定できないため裏付けられないと主張しています。

一方、Chainalysisは自社の業務を擁護し、エケランド氏の攻撃を「資金調達の策略」と呼び、暗号通貨界が責任を逃れようとする試みの一環だと述べています。

ブラウン氏は、オープニングステートメントで、陪審員に、ダークネットで広範囲に活動し、Bitcoin Fogを使って違法な収益を処理した2人の証人からの証言を聞くことになると述べました。政府は以前、Bitfinex取引所からの数十億ドル相当のビットコイン?の盗難に関連する資金洗浄陰謀に関与したと認めたイリヤ・リヒテンシュタイン氏が証言する予定であることを示しました。

政府はまた、違法な資金の流れを示すスライドを提示しました。これにより、Bitcoin Fogを介して違法な商品、麻薬から児童ポルノまでを販売するオンライン市場への違法な資金の流れが明らかにされました。ブラウン氏によると、Bitcoin Fogは10年以上にわたり、数億ドルに及ぶこれらの市場に関連する数千万ドルを含む、追跡不能な取引を4億ドル以上処理しました。

ダークネット市場

エケランド氏は、スターリングオフ氏が児童ポルノに関与したことは一度もなく、ダークネット市場との連絡があった証拠もないと陪審員に語りました。「スターリングオフ氏とダークネット市場の間で『陰謀をしよう』というような一つの連絡も見ることはありません」とエケランド氏は述べました。

捜査員は、スターリングオフ氏のKraken口座からBitcoin Fogへの資金の流れを追跡するためにChainalysisを頼りました。エケランド氏は証言で述べるでしょうが、スターリングオフ氏は公判前聴聞会でBitcoin Fogを使用したことを認めましたが、それを運営したり手数料を得たという主張は否定しました。

検察官は、スターリングオフ氏がBitcoin Fogのドメイン名を10年以上前に登録し、バーナーアカウントを使用して支払ったと述べました。FBIの宣誓供述書によれば、スターリングオフ氏の電話番号に関連付けられたGoogleアカウントで発見された文書と同じ手順が再現されています。

エケランド氏は、政府がその手順を悪質に見せようとしていると述べ、述べられた手順は「一般的な慣行」を示していると述べました。

ブラウン氏は、裁判の終わりまでに、陪審員が「どのようにして警察が被告者を取り巻く霧を貫通したか」を見ることができると述べました。

CPI報告の発表を受け、ビットコインの上昇が停滞

火曜日の午前中、1月の消費者物価指数(CPI)の発表が、予想を上回る0.3%となり、金融市場全体に弱気が広がり、ビットコイン(BTC)の50,000ドルを超える上昇は逆転しました。

「The Kobeissi Letter」によると、1月のCPIの数字により、3月に連邦準備制度が利上げを行う可能性がほぼ消滅したと指摘されています。

CME FedWatch Toolによると、市場は3月の利上げの可能性をわずか8.5%しか見ておらず、5月の利上げの可能性も40%未満に低下しました。

TradingViewが提供したデータによると、このニュースへのビットコインの反応は直ちに現れ、トップの暗号通貨は50,000ドルのサポートを失い、48,400ドル近くまで下落しましたが、その後、買い手により48,600ドルを超えるまで戻りました。

月曜日の値上がりについて、Mercuryoのシニア法務顧問であるアダム・バーカー氏はKitco Cryptoに次のように述べました。「最新のBTC価格急騰や一般的な市況の動向には、複数の要因が相互に作用して影響を与えています。」

「まず第一に、市場のセンチメントの多くは、イーサリアムベースのETFが承認される可能性に関するニュースに帰せられます」と彼は述べました。「過去にもビットコインETFに関して同様の影響を見てきました。多くの人々がこれが実現するのを待っていたため、このトピックに関するニュースによって市場は加速し、一定の地点に達するまで推進されました。BTC ETFが承認された後、ポジティブなトレンドを維持するために新しい燃料が必要となり、ETH ETFの承認に関するニュースがその燃料となっています。」

現在の市況は、CoinMarketCapのデータによると以下の通りです:

  • BTCの最新取引価格は49508.74米ドルで、日中の変動率は-1.34%です。
  • ETHの最新取引価格は2634.34米ドルで、日中の変動率は-1.21%です。
  • BNBの最新取引価格は324.55米ドルで、日中の変動率は-1.11%です。
  • ORDIの最新取引価格は67.95米ドルで、日中の変動率は-5.56%です。
  • DOGEの最新取引価格は0.08086米ドルで、日中の変動率は-2.38%です。
  • SOLの最新取引価格は111.36米ドルで、日中の変動率は-2.25%です。
  • ALTの最新取引価格は0.3425米ドルで、日中の変動率は-0.93%です。

政策まとめ

前政府関係者によれば、DAAMLAはアメリカの暗号通貨業界に損害を与える可能性があると述べられています。

ブロックチェーン協会は、火曜日に、前国家安全保障および軍の関係者80名とともに、議会の指導者に対して別の手紙を書きました。今回は、暗号通貨企業を反マネーロンダリング規制の対象にする計画を拒否するよう議員に求めるものでした。

署名者は、4人の代議士と2人の上院議員に宛てた手紙の中で、デジタル資産反マネーロンダリング法(DAAMLA)が「国の戦略的利益を危うくし、数万の米国の雇用を脅かし、対象とする不正行為者にはほとんど効果がない」と述べました。

暗号通貨規制の攻防が続く

ブロックチェーン協会の最初の手紙は2023年11月に送られ、40人の元米国軍、国家安全保障、情報関係者によって署名されました。一方、最新の手紙には同様のバックグラウンドを持つ80人の署名者が含まれています。

最初の手紙は、多くの人が2023年のハマース主導のイスラエルへの攻撃に暗号通貨が関与したと見なしていた誇張された報道に焦点を当てていましたが、最新の手紙はウォーレン議員のDAAMLA法案の政策的側面に焦点を当てています。ブロックチェーン協会のCEOであるクリスティン・スミスは、11月に次のように述べています。

「デジタル資産が世界的な金融送金における役割についての仮定と、現実の状況との不一致が明らかです[…] 署名者は明確に述べています。金、ドル、またはデジタル資産など、どのような金額も違法な活動を資金提供するために使用されるべきではありません。しかし、問題の解決策について議論する際には、後者についても合理的な会話ができる必要があります。」

クリスティン・スミス

中国のビットコインマイナーにとって、エチオピアは暗号通貨の楽園と見なされています

中国のビットコインマイナーにとって、エチオピアは低コストの電力と支援的な政府政策を活かした主要な目的地として浮上しています。グランド・エチオピア・ルネサンス・ダムは再生可能エネルギー源を提供し、ほとんどのマイニング作業を支えることで、マイナーを引き寄せる重要な役割を果たしています。潜在的なリスクや倫理的な懸念にもかかわらず、エチオピア政府はビットコインマイニングを外貨の貴重な源と見なし、同国は急速にマイニング機器の輸入の主要拠点となっています。

まとめ

ビットコインの4月の半減期が市場全体の雰囲気や価格急騰に大きな影響を与える、現在の動向は、2020年の状況を思い起こさせます」と述べました。「当時、市場は急速に拡大し、ビットコインの価格は上昇し、2020年の半減期が以前の史上最高値を超えることができるかどうかについて多くの議論がありました。

[出典:jinse&kitco&bnnbloomberg]

What's Your Reaction?

like

dislike

love

funny

angry

sad

wow

だっちゃんxpr xrpの大ファンす。