MesonトークンはCoinlistコミュニティでの公式販売が開始予定

Meson Networkは、Web3上で効率的な帯域幅市場を構築することを目指しています。ブロックチェーンプロトコルモデルを使用し、従来の人間に基づく伝統的な販売モデルを代替し、低コストで長尾のユーザーの未使用の帯域幅を統合し、収益化します。

2024-01-25 - 20:24
2024-03-08 - 21:14
 0  153
MesonトークンはCoinlistコミュニティでの公式販売が開始予定
Mesonは、コミュニティ公式販売期間中に追加の250万枚のMSNトークンを販売する権利を持っています。

2024年1月25日、CoinListがMesonトークン(MSN)のコミュニティ公式販売を2月8日に発表。同時に、Meson Networkは最新の戦略的資金調達を完了し、企業価値が10億ドルに達し、ユニコーン企業に昇進。
jLFDoZ7Vyo4aj47FrDYROqGD0OrjI6PLys4ofJhD.png
さらに、下記のとおり、Meson Networkの投資家陣も一流。
vVA2FiLWr1kTQUzNL6wZRgGFYNmJbeZ4afsf5eIc.png

Meson Network(MSN)のコミュニティ公式販売に関する詳細情報をお伝えします:

  • 販売日時:2024年2月8日午後6時(世界標準時)

  • 供給量:250万枚のMSNトークン(総供給量の2.5%)

  • 価格:1.75米ドル

  • ロックアップと解除:約1/6は2024年3月15日頃に解除され、残りのトークンは6か月ごとに解除されます。

  • 初期購入制限:最低50米ドル、最高3,000米ドル(USDT / USDCのみ対応)

  • 注:Mesonは、コミュニティ公式販売期間中に追加の250万枚のMSNトークンを販売する権利を持っています。

Meson Networkとは

Meson Networkは、Web3上で効率的な帯域幅市場を構築することを目指しています。ブロックチェーンプロトコルモデルを使用し、従来の人間に基づく伝統的な販売モデルを代替し、低コストで長尾のユーザーの未使用の帯域幅を統合し、収益化します。

最初は分散型CDN(コンテンツデリバリーネットワーク)市場に特化していましたが、後に計算、AIなどの領域にサービス範囲を拡大し、新たな目標は分散型ストレージ、計算、新興のWeb3 Dappエコシステムデータ転送の基盤となることで、DePIN+AIなどの新しい概念のサポートを受けています。

Meson Networkノードは、ユーザーフレンドリーなテクノロジーを使用して開発され、ノートパソコン、サーバー、IoTデバイスなど、さまざまなハードウェアを収容できます。これらのネットワークノードの未使用の帯域幅を活用し、Mesonは未使用のリソースとビジネスニーズを結びつける経済的な循環を構築しました。

Meson Networkの仕組み

主に以下の3つの部分から成り立っています:

GTwVTcveT5iCV9vQBdAidA0VBIL4qQzyyyekaCbg.png

  1. CDN & GatewayX: IDC(データセンター)やクラウドの未使用のIPアドレスと帯域幅市場です。

  2. GagaNode: 個人の未使用IPアドレスと帯域幅市場です。

  3. IPCola: これらのリソースを統合し、Web3アプリケーション、AIなどの産業など、必要な人々に提供します。さらに、Web2アプリケーションなどにも提供されることがあります。

mNi7ToDuPC4YrPLqI8q7S44N6bmEQDjeOXgdsBCI.png

Mesonの目標は、世界最大の帯域幅市場を構築することです。ユーザーは未使用の帯域幅リソースをMesonに提供し、代替トークンと引き換えに受け取ります。一方、帯域幅が必要な人々は、Meson市場から世界中の帯域幅を借りることができます。

従来のクラウドプロバイダーは、通常、自上から下への販売モデルに依存しており、リソースを集約します。例えば、新しいローカル市場を開設する場合、地元の人々を採用する必要があり、市場カバレッジが広がるにつれて、採用数が線形または指数関数的に増加します。このモデルは過去10年から20年で非常に効果的でしたが、リソースはますます分散し、より分散した需要を持つ長尾市場に分散しており、各アカウントの生産性が大幅に低下しています。しかし、長尾市場の需要は大口アカウント市場よりも強力です。長尾市場の需要を捉えるために、新しい直接販売モデルの代替案が必要です。

その答えが、Meson Networkを介したオープンな帯域幅の交換です。Mesonはリソースを下から上に統合します。ユーザーは他の人との対話について心配する必要はなく、規格とプロトコルに従ってリソースをアップロードまたはアクセスするだけです。この新しいモデルの利点は、システム内の人間の相互作用を可能な限り排除し、自由市場メカニズムを通じて迅速にスケーリングできることです。

Meson Network現状

Meson Networkの公式データによれば、現在、Meson Networkは13万を超えるノードを持っており、そのうち11万はGagaNode、2.7万はGatewayX IDCノードです。これにより、CDN、AI、ソーシャルメディア、広告技術、電子商取引、金融など、さまざまな産業での革新の基盤が提供されています。

4AsmIZvVbOj1dnljPuWqhqnnKsERTzjJk88PieVM.png

特に、GatewayX IDCノードの帯域幅容量は17.8Tb/sに達しています。Meson Networkは、Web3エコシステムを発展させるために、さまざまな分野での革新をサポートし、分散型基盤を提供しています。

G46u3yOktm8obIg5GXiIJpFmpDpR7YjzSWEiDVDh.png

 

What's Your Reaction?

like

dislike

love

funny

angry

sad

wow

bfmedia編集部 bfmedia編集部