Riot Platforms がBitcoinのマイニングを拡大するために1GWの開発を計画しています

Riot Platformsは、テキサス州ナバロ郡でのBitcoinマイニングおよびホスティング能力の拡張に向け、1ギガワット("GW")の大規模な開発を開始しました。

2024-02-09 - 23:08
2024-03-07 - 02:01
 0  97
Riot Platforms がBitcoinのマイニングを拡大するために1GWの開発を計画しています
2024年1月、Riotは強力な成績を収め、独自の電力戦略を活用して520ビットコインをマイニングしました

Riot(NASDAQ:RIOT)の目標は、世界をリードするビットコイン駆動のインフラストラクチャープラットフォームになることです。

RiotのCorsicana施設は進行中です。400MWの変電所は2024年3月末までに稼働する予定であり、その直後に最初の100MWの建物、A1が運用を開始します。Corsicana施設の400MWの第1フェーズの建設に含まれる追加の建物は、2024年の間に段階的に稼働し、ハッシュが生成されます。

画像

Riotは、ビットコインマイニングおよびホスティングの能力を拡張するための大規模な1ギガワット(GW)開発を開始したことを喜んでお知らせいたします(「拡張」)。この拡張プロジェクトは、テキサス州ナバロ郡におけるものです。

最初の段階では、265エーカーの敷地において初期の400メガワット("MW")の容量の開発が行われ、浸漬冷却型のマイニングおよびホスティング作業は2023年7月に開始される予定です。

この第1段階では、土地取得、敷地の準備、変電所の開発、送電線の建設、そして会社の浸漬冷却インフラストラクチャーと技術を利用した付属建物と4つの建物の建設が行われます。

ライオットは、第1段階の拡張の総費用を約3億3300万ドルと見積もっており、この投資は2022年の残りの期間、2023年、および2024年の第1四半期に行われる予定です。

また、第1段階の完了後、サイトの将来の容量は、約1,250フィート離れた場所にある345 kVのナバロスイッチを介して、追加の600 MWから1,000 MW、または1 GWに拡張可能です。

  • 1M(メガ)=1,000K
  • 1G(ギガ)=1,000M
  • 1T(テラ)=1,000G
  • 1P(ペタ)=1,000T
  • 1E(エクサ)=1,000P

ライオットは、拡張をサポートするために、ビットコインマイニングエネルギーサービスの業界リーダーであるPriority Power Inc.(「Priority Power」)との戦略的パートナーシップを利用する予定です。 Priority Powerのサービスには、サイト開発、ユーティリティとの接続、電力購入契約、および電力負荷の柔軟性の管理が含まれます。

この拡張サイトは、ダラスの南約1時間の場所に位置し、Whinstone施設から約2時間の距離にあります。第1段階の拡張により、ナバロ郡において約270人の直接雇用が創出され、地域経済に大きなプラスの影響が期待されます。

2024年2月、HashHouse TechとRiot Platformsが手を組み、RiotのCorsicana施設向けに200MWのデプロイメントを行います。この提携では、HashHouseがCorsicana施設に向けて200MWのHashHouse Poseidon浸漬型設備インフラを提供し、さらに追加の購入オプションも可能となります。

「2024年1月、Riotは強力な成績を収め、独自の電力戦略を活用して520ビットコインをマイニングしました」

と、RiotのCEO、ジェイソン・レス氏は述べました。「テキサスでは1月に極寒の天候が経験され、電力需要が急増しました。需要が高まると、Riotの電力抑制対策が電力網を安定させ、月間のビットコイン平均価格に基づいて、約77ビットコイン相当の330万ドルの電力および需要対応クレジットが発生しました。」

Riot:2024年1月の生産と運営の最新アップデートを発表

[出典:Riot Platforms, Inc.]

What's Your Reaction?

like

dislike

love

funny

angry

sad

wow

だっちゃんxpr xrpの大ファンす。