暗号通貨のお金はどこに保存されているの?

ビットコインの発行量の上限は、中央管理者による干渉なしに、永続的に維持されると考えられます。これで、ビットコインは、インフレの影響を受けにくい資産として、注目を集めています。

2023-11-05 - 01:36
2024-03-05 - 20:59
 0  97
暗号通貨のお金はどこに保存されているの?
ビットコインの発行量が有限であるため、ビットコインの需要が増加した場合でも、供給量を増やすことができません。そのため、インフレの影響を受けにくいと考えられます。

◆ ブロックチェーンにおける暗号通貨の保存と計量単位

ブロックチェーンは、暗号通貨の世界における大切な「記憶帳」のようなものです。ここには、世界中で行われるすべてのビットコインの取引が記録されています。これらの記録は「トランザクション」と呼ばれ、取引の情報がぎっしり詰まっています。

トランザクションには、誰が(送信者のアドレス)、誰に(受信者のアドレス)、いくら(送金額)、いつ(タイムスタンプ)ビットコインを送ったのか、そしてその取引が本物であることを証明するための特別な署名が含まれています。

デジタルデータの記録システムであり、特に暗号通貨の取引を安全に、不正ができないように記録するために用いられます。このシステムは、一連のブロックと呼ばれるデータの集まりで構成されています。それぞれのブロックは、数多くの取引情報を含み、これらはチェーン(鎖)のように一つ一つ繋がれています。そのため、一度ブロックチェーンに記録されたデータは変更することが極めて困難です。

ブロックチェーンに記憶されている主な項目は以下の通りです:

  1. 取引の詳細:送金者と受取人のアドレス、送金額。
  2. タイムスタンプ:取引が行われた正確な時間。
  3. トランザクションID:各取引を一意に識別するための識別子。
  4. ブロックハッシュ:ブロックを一意に識別するためのデジタル指紋。

これらの情報はすべて公開されており、誰でもブロックチェーンを閲覧することで取引の履歴を確認することができます。しかし、個人のプライバシーは保護されており、実際の個人名は表示されません。

ブロックチェーンは、P2P(Peer to Peer)ネットワーク上で運用されているため、特定のコンピュータに保存されているわけではありません。すべてのコンピュータが、ブロックチェーン上のデータを共有しています。

そのため、暗号通貨を送受信する際にも、特定のコンピュータにアクセスする必要はありません。送信元のコンピュータから、ブロックチェーン上のデータを更新するだけで、暗号通貨の所有権が変更されます。

計量単位については、ビットコインには主に2つの単位があります。

私たちが日常使う「円」にも、「100円」と「1円」があるように、ビットコインには「ビットコイン(BTC)」と「サトシ」があります。1BTCは100,000,000サトシに相当します。このように細かく分けることで、ちょっとしたお菓子を買う時に1円玉を使うように、小さな取引にも対応できるのです。

  • ビットコインは、1BTCが100,000,000サトシ(1憶satoshi)に等しい単位です。
  • 例えば、0.001BTCは、100サトシに等しいことになります。
  • 暗号通貨の取引価格は、通常、ビットコイン単位で表示されます。
    例えば、1BTCが500万円の場合、0.001BTCは、5000円に相当します。

計量単位については、ビットコインには主に2つの単位があります。

また、ブロックのサイズはビットコインの場合、1MBに制限されていますが、これはセグウィットというプロトコルの更新によって、理論的には約4MBまでの情報を含むことが可能になりました。1ブロックのサイズ制限は、ネットワークの安全性と効率性を保つために設けられています。

◆ ビットコイン発行しくみ及びメカニズム

ビットコインの発行は、ブロックチェーンネットワーク上での特定のプロセス、すなわち「マイニング」を通じて行われます。マイニングとは、トランザクションの検証と新しいビットコインの生成を組み合わせたプロセスです。このプロセスは、ビットコインのネットワークを維持し、セキュリティを確保するために不可欠です。

マイニングにおいては、マイナーと呼ばれる参加者が、新しいトランザクションを含むブロックをブロックチェーンに追加するために競います。このプロセスは以下のステップで構成されます:

  1. トランザクションの収集:マイナーはネットワーク上の未確認トランザクションを集めます。
  2. 問題の解決:マイナーは「プルーフ・オブ・ワーク」という数学的な問題を解決する必要があります。これは非常に計算が難しく、多くのコンピューターの処理能力を必要とします。
  3. ブロックの追加:問題が解決されると、そのマイナーは新しいブロックをブロックチェーンに追加する権利を得ます。
  4. 報酬の獲得:ブロックが追加されると、そのマイナーは新たに生成されたビットコインと、トランザクション手数料の形で報酬を受け取ります。

この新たに生成されるビットコインの量は、時間とともに半減していきます。これは「半減期」と呼ばれるプロセスで、およそ4年ごとに新規発行量は半分になります。初期のビットコインでは、1ブロックにつき50BTCが報酬として与えられましたが、数回の半減期を経て、現在の報酬はそれよりずっと少なくなっています。

ビットコインの発行メカニズムは、インフレーションを防ぐために非常に重要です。固定された上限(約2100万BTC)に達すると、新たなビットコインの生成は停止されます。これにより、ビットコインは従来の通貨とは異なり、インフレの影響を受けにくい特性を持っています。

ビットコインの発行メカニズムは、以下の2つのステップで構成されています。

  1. トランザクションの検証

まず、採掘者は、ブロックチェーン上のトランザクションを検証します。トランザクションの検証とは、トランザクションが正しいことを証明する作業です。

トランザクションの検証には、以下の2つのステップがあります。

  • トランザクションの整合性の検証:トランザクションの各項目が正しいことを検証する作業です。例えば、送信元アドレス、受信先アドレス、送信量などの項目が正しいことを確認します。
  • トランザクションの署名の検証:トランザクションの署名の検証とは、トランザクションの署名が正しいことを検証する作業です。署名は、トランザクションを送信した者の本人確認のために用いられます。
  1. 新しいブロックの生成

トランザクションの検証に成功すると、採掘者は新しいブロックを生成します。新しいブロックには、検証したトランザクションのリストや、前ブロックへのハッシュ値などが記録されます。

新しいブロックの生成には、以下の2つのステップがあります。

  • ハッシュ値の生成:ブロックの内容を暗号化した値です。ハッシュ値は、ブロックが改ざんされていないことを検証するために用いられます。
  • ブロックの採掘:ハッシュ値を生成するための計算を行う作業です。ハッシュ値は、特定の条件を満たす値である必要があります。そのため、採掘には膨大な計算能力が必要となります。

新しいブロックが生成されると、ブロックチェーンに追加されます。これにより、ビットコインの発行が完了します。

◆ 「お金」に似たビットコインとその経済学

ビットコインは「お金」の性質を持つが、いくつかの重要な違いがあります。この章では、ビットコインの通貨としての特徴、発行上限の影響、インフレーションに対する耐性、そしてその流通について掘り下げて解説します。

通貨としてのビットコイン:

ビットコインは価値の保存手段、交換手段、および計算の単位として機能します。これらはすべて「お金」が持つべき特性です。ビットコインはデジタル資産であり、その価値は市場の需要と供給によって決まります。物理的な形がなく、ブロックチェーン技術によってその所有権が保証されています。

発行上限とその結果

ビットコインには約2100万BTCの発行上限が設定されており、これはビットコインプロトコルに組み込まれた規則です。この上限により、ビットコインは希少性を持ち、およそ2140年頃には新しいビットコインの発行は完全に停止されると予想されています。これはビットコインがインフレに強いとされる理由の一つで、通貨の価値が時間とともに減少することを防ぎます。

ビットコインには約2100万BTCの発行上限が設定されており、これはビットコインプロトコルに組み込まれた規則です。

インフレーションとビットコイン

従来の通貨は中央銀行によって発行され、政策によって通貨供給量がコントロールされます。これに対してビットコインは、プログラムによって供給量が予め定められており、中央権力による意図的なインフレーションやデフレーションを防ぐ設計になっています。ビットコインの価値は、経済全体のインフレーション率に左右されずに、独自の市場動向によって決定されます。

インフレとは、貨幣の価値が下落する現象です。貨幣の価値が下落すると、同じ量の貨幣で購入できる商品やサービスの量が減ります。

ビットコインの発行量が有限であるため、ビットコインの需要が増加した場合でも、供給量を増やすことができません。そのため、インフレの影響を受けにくいと考えられます。

ビットコインの発行量の上限は、ビットコインのブロックチェーンに記録されています。ブロックチェーンは、暗号化されたデータの集合体であり、改ざんが非常に困難です。

そのため、ビットコインの発行量の上限は、中央管理者による干渉なしに、永続的に維持されると考えられます。これで、ビットコインは、インフレの影響を受けにくい資産として、注目を集めています。

ビットコインの流通

ビットコインの流通は、ユーザー間のピアツーピアの取引によって行われます。ブロックチェーン上で記録された取引は変更不可能であり、これによりビットコインの移転が信頼性を持って行われます。ビットコインはインターネットがあれば世界中どこでも送金可能であり、国境を越えた取引において有利な点が多いです。

◆ 結論

ビットコインは伝統的な通貨の多くの機能を果たしつつ、独自の特性を持つデジタル通貨です。その発行上限と分散型の性質により、新しいタイプの経済学が展開されています。ビットコインの将来は予測が難しいものの、通貨としての役割を拡大し続ける可能性が高いと考えられています。

【参考:ブロックチェーンは何を保存しているの?

【参考:ブロックチェーンとは?

【参考:ビットコイン(BitcoinまたはBTC)の誕生

What's Your Reaction?

like

dislike

love

funny

angry

sad

wow

bfmedia編集部 bfmedia編集部