投資家注目の新展開:メメコイン保有の初回リストを発表

アバランチ財団はCoq Inu、Gecko、Kimbo、NoChill、Techのメメコイン保有を明らかにしました。これらのコインはすべてアバランチブロックチェーンに特有のもので、事前に発表された財団の適格性基準に基づいて選ばれました。この基準では、特定の流動性と取引量を持つAvaxネイティブのコミュニティトークンのみが投資対象とされています。

2024-03-17 - 00:13
2024-03-17 - 00:13
 0  74
投資家注目の新展開:メメコイン保有の初回リストを発表
アバランチ財団はCoq Inu、Gecko、Kimbo、NoChill、Techのメメコイン保有を明らかにしました。

アバランチ財団がアバランチ・ブロックチェーン網におけるコミュニティ重視のメメコイン5種類の取得を公表しました。この取り組みは、Web3クリエイターの支援、革新の推進、そしてアバランチの広範囲にわたる採用を目指すカルチャーカタリストプログラムの一環です。

アバランチ財団がメメコインの保有情報を明らかに

同財団は、コミュニティコインが現代のWeb3環境において中心的な役割を担っており、様々な暗号通貨コミュニティの個性、精神、そして創造性を映し出していると考えています。このような多様なコミュニティの認識と支援を目的として、これらのコインを取得し、トークン保有状況を定期的に公開することで、透明性を高めることを目指しています。

財団はまた、コミュニティコインに対する投資基準が変化し得ることを示唆し、必要に応じてその保有や対象コインの基準を調整する権利を留保しています。アバランチ財団によるこの発表は、メメコインを認識し、エコシステムに統合することで、暗号コミュニティの多様性に対する強いコミットメントを示す重要なステップです。

既に、Coq Inu(COQ)、gecko-themed Gecko (GEC)、kimbo(KIMBO)、Avax has No chill (NOCHILL)、およびTechnology joke token TECHという5つのコミュニティコインが財団の資産に含まれています。これらのコインはすべてアバランチ・ブロックチェーンに固有であり、財団が設けた適格性基準を満たしています。この基準は1月に発表され、特定の流動性と取引量を有するAvaxネイティブのコミュニティトークンのみが投資対象とされました。

しかし、アバランチ財団は、これらのガイドラインが進化し続け、将来的に変更される可能性があることを強調しています。

「アバランチ財団は、いつでもコミュニティコインの保有を変更する権利を有しており、適格なコミュニティコインの基準を変更し続けることがあります。必ずしも基準を満たすすべてのコミュニティコインを購入するわけではありません。財団は、その使命とこの特定の取り組みをさらに進めるために必要と判断した場合、いかなる変更も行う権利を留保しています。」

注目のコミュニティコイン一覧

アバランチ財団は現在、Coq Inu、Gecko、Kimbo、NoChill、そしてTechという5つのコミュニティコインを保有していることを発表しました。中でも、Techは「Number Go Up Tech」とも呼ばれ、根本的な価値を持たず、アバランチコミュニティの技術的結束を目指すメメコインとして知られています。

Number Go Up Techとは、その実用性や基本的な価値に関係なく、価値が時間と共に上昇することだけを約束または期待として宣伝されるプロジェクトやトークン、技術を指す、暗号通貨コミュニティ内でユーモラスに使われる言葉です。この用語は、しっかりした基盤や現実世界での適用を欠きながらも、投機や迅速な利益を望むことによってのみ注目や投資を集める暗号空間の特定の投資やプロジェクトを批判する際に頻繁に用いられます。それは、トークンの実際の使用やエコシステムへの貢献とは無関係に価格が大きく上昇する可能性がある、暗号通貨市場の一部の投機性を強調しています。

「暗号通貨界のユーモラスなアプローチを通じて、TECHは技術の進歩、イノベーション、デジタル変革を祝うコミュニティを育成することを目標としています。面白おかしいメメや活発な議論を通じて、TECHのサポーターたちは、技術が絶えず進化しているという概念を支持しています。$TECHは内在価値も財務的リターンの期待もないメメコインであり、公式なチームやロードマップは存在しません。このコインは完全に無用で、純粋にエンターテインメントのためのものです。」

●Coq Inu(COQ):

Coq Inu(COQ)は最近、エアドロップを実施したことで市場から注目されています。
Coq Inuはコミュニティに喜びをもたらすことを目的とした、雄鶏のイメージにインスパイアされたミームコイン・プロジェクトです。Coq InuはアバランチCチェーン上のメメコインで、最大供給量は69兆COQトークンに設定されています。このコインの価値は、主にソーシャルメディアとコミュニティ支援によって駆動されています。COQ(COQ Inu)はここ数日、HTX、KuCoin、Bitrueといった主要仮想通貨取引所に一貫して上場しています。さらに、プロジェクトはCOQがBitgetに上場されることを発表し、10,000円相当の報酬共有プログラムを導入することを発表しました。

●gecko-themed Gecko(GEC):

Gecko (GEC)は市場資本額が約1100万米ドルで、流通供給量は約640億トークンに達し、現在のランキングは1436位に位置しています。

●kimbo(KIMBO):

kimbo(KIMBO)は、アバランチブロックチェーンのコミュニティ犬トークンとして知られ、価格は約0.000557米ドルで、流通供給量は690億KIMBO、市場資本額は3253万米ドルです。

●Avax has No chill(NOCHILL):

NoChill、通称「AVAX HAS NO CHILL」は、StarsArenaコミュニティ発のメメコインで、「AVAXは落ち着きがない」というコンセプトに注目しています。このコインは、Trader Joe’sやCoinExなどのプラットフォームで取引されています。

●Technology joke token TECH:

Techのスマートコントラクトは3月4日にデプロイされ、現在の市場価値は2200万ドルを超えています。リスティングページの文言は、アバランチがメメコインや「コミュニティコイン」の財務資産に求める基準とほぼ完璧に一致しています。スマートコントラクトには、「$TECHは内在価値や財務的リターンの期待が一切ないメメコインです。正式なチームやロードマップは存在せず、このコインは完全に無用で、純粋にエンターテイメントのためだけのものです」との記述があります。

まとめ

アバランチ財団は、コミュニティコインに対する支援が継続的な取り組みであることを強調し、急速に変化する暗号コミュニティのニーズに合わせて、適格性の基準を柔軟に調整する可能性があるとしています。また、アバランチコミュニティが先駆けとなって導入した新たなトークンクラスであるERC-404トークンについても、その有望なスタートを受けて評価を進めています。

文化的に重要と見なされるWeb3プロジェクトへの支援と、アバランチの文化を称賛する活動を継続する中で、財団は「自身の使命とこの具体的な取り組みをさらに推進するために必要と判断されるあらゆる変更を行う権利を留保しています」と述べています。これは、財団の使命を進め、アバランチエコシステムを強化するために、コミュニティコインの保有や適格性基準に変更を加える権利を含むことを示唆しています。

発表後、アバランチベースの分散型取引所(DEX)トレーダージョー(Trader Joe)の取引高は13日の5300万ドル(約80億円、1ドル=150円換算)から14日には6500万ドル(約98億円)に増加した。ただし、これらの取引高はすべてのトークンを含んでいる。 アバランチはこれらのミームトークンをコミュニティコインと呼んでいる。同財団は「コミュニティコインは今日、Web3の重要な試金石になっている。コミュニティコインは、多様な暗号資産(仮想通貨)コミュニティの楽しさ、スピリット、独自性、関心を表している」と述べている。

ミームコインとは

ミームコインはインターネット上で広く流通されているミーム(ジョーク)に影響を受けている仮想通貨のことです。ミームという言葉は「Internet meme」という言葉に由来しています。

ミームコインには、以下の3つの特徴があります:

  • 通貨の機能性は重視されておらず、コミュニティを重視している
  • ボラティリティが高い
  • 通貨供給量が多い

What's Your Reaction?

like

dislike

love

funny

angry

sad

wow