WEB3とは?

WEB3(ウェブスリー)は、インターネットの進化の次の段階と見なされている概念で、分散型技術を中心に構築されています。WEB1(ウェブワン)が読み取り専用の静的なウェブページで構成され、WEB2(ウェブツー)がよりインタラクティブなソーシャルメディアやユーザー生成コンテンツを特徴としているのに対し、WEB3はブロックチェーン、暗号通貨、分散型アプリケーション(DApps)などの技術を使用して、より分散化されたインターネットエコシステムを実現しようとしています。

2024-02-25 - 07:40
2024-03-08 - 21:19
 0  33
WEB3とは?
Web3.0は、ユーザーがよりコントロールを持ち、データの透明性とセキュリティが向上することを目指しています。

■ WEB3とは?

WEB3とは、インターネットの進化の次の段階を表す用語で、分散型技術に基づいた新しいインターネットの構築を目指しています。分散型のインターネット技術の新しい波として注目されています。

WEB3はインターネットの使用とインタラクションの仕方を根本的に変えることを目指した概念であり、分散型技術を中心に据えた次世代のインターネットです。この概念は、ユーザーが自身のデータをコントロールし、プラットフォームや中央集権的な権力に依存せずに直接やり取りできるようにすることを目的としています。WEB3は、ブロックチェーン技術、暗号通貨、スマートコントラクト、分散型アプリケーション(DApps)などを駆使して、これを実現しようとしています。

分散型ネットワーク

WEB3の最も重要な特徴の一つは、その分散型ネットワークです。従来のインターネット(WEB2)は、データを中央集権的なサーバーに保存し、処理することが一般的ですが、WEB3ではデータとアプリケーションがブロックチェーン上に分散して保存されます。これにより、データの改ざんが難しく、透明性が高いシステムが実現されます。

ユーザーの主権

WEB3は、ユーザーが自身のデータの所有権を持ち、その使用方法を自由に決定できるようにすることを目指しています。これは、プライバシーの保護とデータのセキュリティを強化することにもつながります。また、ユーザーは自身のデータやオンラインでの活動を通じて直接報酬を得ることができるようになります。

スマートコントラクト

スマートコントラクトは、契約の条件がコードによって定義され、自動的に実行されるプログラムです。これにより、信頼できる第三者や中間者なしに、取引や合意が可能になります。スマートコントラクトは、分散型金融(DeFi)サービス、NFTマーケットプレイス、その他多くの分散型アプリケーションの基盤となっています。

オープンソースと相互運用性

WEB3技術の多くはオープンソースであり、開発者は既存のプロジェクトを自由に利用し、改良することができます。これにより、異なるアプリケーションやブロックチェーン間での相互運用性が促進され、より統合されたエコシステムの形成が期待されます。

■ 進化の経緯

WEB3の進化は、インターネットの発展とともに段階的に進んできました。具体的な日付を挙げるのは難しいですが、大まかな流れとして以下のように説明できます:

WEB1.0(1990年代 - 2000年代初頭)

  • 1991年: ウェブの父と呼ばれるティム・バーナーズ=リーがWorld Wide WEBを公開。
  • 1990年代: インターネットは主に静的なコンテンツを提供する読み取り専用のプラットフォームとして機能。この時代のウェブは"WEB1.0"と後に呼ばれるようになる。

WEB2.0(2000年代初頭 - 2010年代)

  • 2004年: オライリー・メディアとメディアライブ・インターナショナルが「WEB 2.0」この用語を広める会議を開催。
  • 2000年代: インターネットはより対話的になり、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)、ブログ、ウィキなどが登場。ユーザー生成コンテンツがインターネットの中心となる。
  • 2010年代: クラウドコンピューティングの発展とともに、サービスの提供と消費の方法が変化。Facebook、Twitter、YouTubeなどのプラットフォームが急成長。

WEB3.0(2010年代 - 現在)

  • 2009年: ビットコインの発明とともに、ブロックチェーン技術が初めて一般に紹介される。
  • 2013年: イーサリアムの提案が公表され、スマートコントラクトと分散型アプリケーション(DApps)の概念が導入される。
  • 2014年以降: 分散型金融(DeFi)、非代替トークン(NFT)、分散型自律組織(DAO)など、ブロックチェーンを基盤とした新しい概念が登場。
  • 2020年代: WEB3技術は、メタバース、ゲーム、アート、金融など様々な分野での応用が進み、インターネットの分散型の未来に向けた基盤となる。

WEB3の進化は、特定の日付やイベントだけでなく、技術革新、社会のニーズの変化、経済的動向など、複数の要因によって推進されています。WEB3への移行はまだ進行中であり、その全貌はこれから数年間でさらに明らかになるでしょう。ブロックチェーン技術の成熟、分散型アプリケーションの普及、暗号通貨の採用など、今後の進展が楽しみな分野です。

[出典:chain.link]

WEBの発展を理解するには、その主要な3つの段階(WEB1.0、WEB2.0、WEB3.0)を詳しく見ていくことが有益です。これらの段階は、インターネットの使用方法、開発技術言語、および基盤となるシステムの進化を示しています。

■ WEB3の主な特徴と技術について

◎ WEB1.0:静的な情報のウェブ(1990年代 - 2000年代初頭)

主な特徴:

主に読み取り専用で、インタラクションはほとんどまたは全くありません。
ウェブサイトは静的なHTMLページで構成されていました。

開発技術言語:

  • HTML (HyperText Markup Language): ウェブページの構造を定義。
  • CSS (Cascading Style Sheets): ページのスタイリングとレイアウトを担当。
  • JavaScript: 当初は限定的な使用で、ページに動的要素を加えるために使用されましたが、基本的には静的なコンテンツの配信に焦点を当てていました。

基盤となるシステム:

サーバー/クライアントモデル: サーバーからクライアント(ブラウザ)へHTMLファイルを直接送信。

◎ WEB2.0:インタラクティブなウェブ(2000年代初頭 - 2010年代)

主な特徴:

ユーザーがコンテンツの生成、共有、操作に参加するインタラクティブなプラットフォーム。
ソーシャルメディア、ブログ、ウィキなどの出現により、ユーザー生成コンテンツが増加。

開発技術言語:

HTML、CSS、JavaScriptの進化に加え、AJAX(Asynchronous JavaScript and XML)の使用により、ページをリロードせずにサーバーとの非同期通信が可能になりました。
バックエンド開発にはPHP、Ruby on Rails、Python(Django、Flaskなど)が広く使用されています。

基盤となるシステム:

RESTful API(Representational State Transfer)、SOAP(Simple Object Access Protocol)などのWEBサービスが普及し、アプリケーション間のデータ交換を容易にしました。
データベース技術の進化(SQLベースのリレーショナルデータベースからNoSQLデータベースへの移行も含む)。

[出典:techjourneyman]

◎ WEB3.0:分散型ウェブ(2010年代 - 現在)

主な特徴:

分散型ネットワークによるデータの所有権とプライバシーの強化。
ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、分散型アプリケーション(DApps)の使用。

開発技術言語:

スマートコントラクトの開発にはSolidity(イーサリアム/ブロックチェーン用)、Rust、Goなどが使用されます。
分散型アプリケーション(DApps)のフロントエンド開発には、従来のHTML、CSS、JavaScriptが引き続き使用されますが、WEB3.jsやEthers.jsなどのライブラリを介してブロックチェーンとのインタラクションが行われます。

基盤となるシステム

  • ブロックチェーン分散型台帳技術(DLT)を利用して、データの不変性と透明性を保証します。イーサリアムビットコイン、ポルカドット、ソラナなど、様々なブロックチェーンプラットフォームが存在します。
  • IPFS (InterPlanetary File System): 分散型ファイルストレージシステムで、WEB3のコンテンツ配信に使用されます。これにより、中央集権的なサーバーに依存せずにデータを保存・共有できます。
  • 分散型アイデンティティ (DID): ユーザーが自身のデジタルアイデンティティを管理し、プラットフォーム間でポータブルにすることを可能にする技術です。

○ WEB3.0の特徴的な技術

  • スマートコントラクト: 自動的に実行される契約の条項をブロックチェーン上に記述することで、信頼性の高い取引が可能になります。これにより、中央の仲介者なしに直接的な経済活動が可能になります。
  • 分散型アプリケーション(DApps): ブロックチェーン上に構築されたアプリケーションで、従来の中央集権的なアプリケーションとは異なり、ユーザーが直接コントロールできるように設計されています。
  • トークン化: 物理的またはデジタル資産をデジタルトークンに変換し、ブロックチェーン上で取引することができます。これにより、資産の流動性が高まり、新たな経済活動が生まれます。

[出典:techjourneyman]

WEBの進化は、静的なページからインタラクティブなアプリケーション、そして分散型の未来へと移り変わっています。各段階では、開発技術言語と基盤となるシステムが進化し、インターネットの利用方法に革命をもたらしました。WEB3.0は、ユーザーがよりコントロールを持ち、データの透明性とセキュリティが向上することを目指しています。技術の進化は続いており、これからも新しい技術言語とシステムが登場し、WEBの可能性を広げていくでしょう。

■ 現状と課題

WEB3は依然として発展途上の概念であり、実用化に向けた多くの技術的、規制的な課題が存在します。スケーラビリティ、ユーザビリティ、規制の適合性など、解決すべき問題は山積していますが、そのポテンシャルと将来性は広く認識されています。WEB3の究極の目標は、より公平でオープンなインターネットを実現することです。ユーザーがデータのコントロールを取り戻し、中央集権的

なプラットフォームに依存しない新しい形のインターネット経済を生み出すことにあります。これにより、創造性、イノベーション、経済的機会の新たな波が促進されることが期待されます。

未来への道

WEB3が目指す未来は、技術的な挑戦だけでなく、社会的な受容と規制の枠組みの整備が必要です。ユーザーのプライバシー保護、データセキュリティ、そしてデジタルアイデンティティの確立は、この新しいインターネットの構築における重要な要素です。また、分散型技術の普及には、既存のインターネットインフラとの互換性や、新たな技術への移行を容易にするための教育やリソースの提供が必要です。

WEB3の技術は、金融、アート、メディア、社会組織など、多岐にわたる分野での革新的な活用事例を生み出しています。分散型金融(DeFi)は、中央銀行や伝統的な金融機関に依存しない金融サービスの提供を可能にし、より包括的な金融アクセスを実現しています。非代替トークン(NFT)は、デジタルアートやメディアの所有権を証明し、クリエイターが直接収益を得る新しい方法を提供しています。さらに、分散型オートノミー組織(DAO)は、インターネット上での共同体や企業の新しい運営形態を実現し、参加者全員が意思決定に参加できるようにしています。

WEB3は、インターネットの未来を形作るための強力なビジョンを提供しています。分散型技術を核としたこの新しい段階は、インターネットの民主化を促進し、ユーザーが自身のデータとデジタルアイデンティティの主体的なコントローラーとなることを可能にします。しかし、その実現にはまだ多くのハードルがあり、技術開発、法規制、社会的受容の各面での進展が求められます。未来への道は困難かもしれませんが、WEB3が目指す目標は、より公平で開かれたデジタル世界の実現に向けた重要な一歩と言えるでしょう。

■ 日本の現状

日本におけるWEB3の概要と現状は、技術革新と規制のバランスを模索する中で展開しています。日本は伝統的にテクノロジーに対する採用が早く、新しい技術に対しても積極的に取り組む国の一つです。しかしながら、WEB3に関連する技術、特に暗号資産(仮想通貨)やブロックチェーン技術については、革新的なポテンシャルと同時に、規制やセキュリティの課題も抱えています。

  • 規制と政策: 日本政府は、暗号資産に関する規制を設けつつも、ブロックチェーン技術のポテンシャルを活用する方向で動いています。例えば、2020年5月には改正資金決済法と改正金融商品取引法が施行され、暗号資産の取り扱いに関する規制が強化されました。また、日本はブロックチェーン技術を利用したサービスの実証実験や、スマートシティの開発にも力を入れています。

  • 企業の動向: 多くの日本企業がWEB3関連の技術に注目し、投資や研究開発を進めています。特に金融セクターでは、ブロックチェーンを活用した新しい決済システムの開発や、デジタル資産の取り扱いに関心が集まっています。また、エンターテインメントやゲーム業界でも、NFTやメタバースに関するプロジェクトが活発になっています。

  • スタートアップとイノベーション: 日本国内では、WEB3やブロックチェーンを核としたスタートアップが増加しています。これらの企業は、金融、アート、エンターテインメント、不動産など、さまざまな分野で革新的なサービスを提供しています。

  • コミュニティと教育: 日本ではWEB3やブロックチェーン技術に関するコミュニティが形成されつつあり、技術者やエンジニア、一般の興味を持つ人々が知識を共有し、学び合う場が提供されています。また、この新しい技術領域に関する教育機会も徐々に増えてきています。

日本におけるWEB3の現状は、革新的な技術の採用と規制のバランスを模索する段階にあります。政府、企業、スタートアップ、教育機関などが協力し、新しい技術のポ

テンシャルを最大限に引き出しつつ、リスクを管理するためのフレームワークを構築しています。WEB3関連の技術は、日本においても経済的および社会的な変革を促す可能性を秘めており、その発展は多くの期待を集めています。

しかし、暗号資産の不正利用やセキュリティ問題、プライバシーの保護など、解決すべき課題もまだ多く存在します。これらの課題に対処しつつ、技術革新を推進することが、日本におけるWEB3の健全な発展には不可欠です。

また、日本国内におけるWEB3の普及と発展には、教育と人材育成が鍵を握っています。ブロックチェーン技術や暗号資産、分散型アプリケーションの開発に必要なスキルセットは特殊であり、これらの新しい技術領域で活躍できる人材を育成することが重要です。

さらに、国際的な競争が激化する中で、日本がWEB3の分野でリーダーシップを取るためには、国内外のプレイヤーとの協力やパートナーシップの構築も求められます。グローバルな視点を持ち、国際的な基準やトレンドに対応できるような政策やビジネスモデルの開発が必要になってくるでしょう。

最後に、日本の強みである高度な技術力やイノベーション、堅固な法制度を生かしながら、WEB3の持つ可能性を探求し、新たな価値創造へとつなげていくことが、今後の大きな挑戦となります。日本がWEB3の発展において重要な役割を果たし、新しいデジタル社会の構築に貢献することが期待されています。

参考:

MesonトークンはCoinlistコミュニティでの公式販売が開始予定Meson Networkは、Web3上で効率的な帯域幅市場を構築することを目指しています。ブロックチェーンプロトコルモデルを使用し、従来の人間に基づく伝統的な販売モデルを代替し、低コストで長尾のユーザーの未使用の帯域幅を統合し、収益化します。

What's Your Reaction?

like

dislike

love

funny

angry

sad

wow