ビットコインマイニング:アラブ首長国連邦UAE

政治的安定性、ビジネスに好都合な環境、強力な資本市場、そして豊富なエネルギー資源を持つことから、UAEは中東におけるビットコインマイナーにとって主要な目的地として台頭しています。

2024-02-07 - 23:05
2024-02-13 - 13:07
 0  88
ビットコインマイニング:アラブ首長国連邦UAE
中東で最も急速に成長しているビットコインマイニングの中心地は、アラブ首長国連邦UAEです。

Luxorチームは最近、数週間をUAEで過ごし、現地の関係者と会合を持ちました。この記事では、UAEにおけるビットコインマイニングの特徴と、将来の展望について解説します。

中東におけるビットコインマイニングの先駆者

アラブ首長国連邦は、中東のペルシャ湾に隣接する国で、アブダビやドバイなど7つの首長国から成り立っています。

UAEはビジネスに好都合で、技術革新に対する好奇心旺盛な国です。この革新的な精神と、特定のセクターに対する電力料金の大幅な補助金により、自宅でのマイニングやその他の小規模なアマチュアのマイニングセットアップが数年間にわたって国内で広く行われてきました。

しかし、過去1年半で、地元の主権国家基金からの後押しにより、UAEが世界的なビットコインマイニングマップ上で真剣で野心的なプレイヤーとして浮上するきっかけとなる2つのギガプロジェクトが登場しました。

2021年末には、アブダビの主権国家基金のデジタル資産部門であるZero Two(当時はFS Innovationとして知られていました)が、地元のビットコインマイニング企業であるPhoenix Technologyと提携し、アブダビに200MWの水冷式マイニングファームを建設することを発表しました。

2023年2月、ゼロツーは2つ目のビットコインマイニングパートナーシップを発表しました。この時は、米国の公開マイナーであるマラソンとの提携です。この提携により、ゼロツーとマラソンはアブダビに2つの水中冷却施設を合計250MWで建設し、そのうちゼロツーが200MW、マラソンが50MWを所有することになります。

Map of the United Arab Emirates

[出典:hashrateindex]

したがって、UAEのすべての大規模プロジェクトは、アブダビの主権国家基金が確立された業界の主要プレイヤーと提携して主導しています。また、国内のほぼすべてのマイニング活動は、7つの首長国の中で最も大きくエネルギーに富むアブダビで行われています。

前述の準政府プロジェクトと無数の小規模なアマチュア展開の間で分かれると、UAEの稼働中のビットコインマイニング容量はおそらく400MW程度です。この容量は、準政府プロジェクトが拡大するにつれて、今年の終わりまでにおそらく600MWを超えるでしょう。

仮定される平均エネルギー効率が30J/THの場合、UAEのビットコインマイナーは約13EH/sを生成するはずであり、これはBitcoin hashrateの約3.7%に相当します。このハッシュレートシェアにより、UAEは中東におけるリーディングなビットコインマイニング国となり、オマーン、クウェート、サウジアラビア、バーレーン、カタールを抑えています。これらのエネルギーに富んだ国々も大規模なビットコインマイニングの潜在能力を持っていますが、革新的なUAEが先導しています。

UAEは電力供給を拡大し続けています

OPECのメンバーであり、世界第7位の石油生産国であるUAEは、世界のエネルギー市場における重要なプレイヤーです。

広大な石油・ガス資源を有するほとんどの国と同様に、UAEはほとんどの石油を輸出し、内部の電力発電にはガスを使用しています。歴史的には、国内のほぼすべての電力は天然ガスによって生成されてきました。

Ministry of Energy and Infrastructure, Own Nuclear Estimates

[出典:hashrateindex]

代替電力源の拡大を推進する一環として、UAEは最近、アラブ世界最大の原子力発電所であるバラカを開設しました。3基の運転中の原子炉は合計4GWの容量を持ち、国の電力の約19%を生成しています。最終的な原子炉は今年後半にオンラインになり、総容量は5.4GWになります。

この原子力の拡大は、ビットコインマイナーに豊富な安価に生成された電力を提供するだけでなく、需要の柔軟性の必要性も高めます。なぜなら、原子力発電の生産量は需要に応じて簡単に調整することができないためです。Bitcoin MagazineのJaran Mellerudが説明したように、ビットコインマイナーは独特の柔軟な電力消費者であり、そのために原子力で駆動される柔軟性のない電力グリッドに必要な需要の柔軟性を提供できます。

さらに、新しい原子力発電所はUAEの極南部に位置しており、アブダビやドバイの人口中心地から数百キロ離れています。この距離を考慮すると、ビットコインマイナーは、米国のTalen Energyと同様に、この発電所で直接運用を確立することで電力損失を最小限に抑えることができます。

しかし、原子力プロジェクトのセキュリティに対する感度と、国内のビットコインマイニングの初期段階を考慮すると、原子力発電を利用したビットコインマイニングは現実的な解決策ではないかもしれません。MinestackのReza Dabiralaeiが説明するように、発電所から100キロ未満の特別なビットコインマイニングゾーンを確立することがより現実的な解決策となるでしょう。

The Mohammed bin Rashid Al Maktoum Solar Park

世界最大となるメガソーラー(大規模太陽光発電所)

[出典:DEWA&hashrateindex]

UAEは、広大で日照の豊かな砂漠地帯において、原子力プロジェクトに加えて大規模なソーラー発電所の建設を計画しています。国内最大のソーラープロジェクトは現在1.6 GWの稼働容量を持ち、2030年までには5 GWに拡大し、世界最大のプロジェクトの1つとなる見込みです。現在、ソーラー発電はUAEの電力の約3%を生成していますが、この割合は今後数年間でかなり増加するでしょう。

このような大規模なソーラープロジェクトでは、定期的に膨大な量の余剰電力が発生します。場所に依存せず中断可能な電力消費者であるビットコインマイナーは、これらのソーラーファームで直接運用を設定し、これまで無駄にされていた電力を受け取り、収益化することができます。米国では、ソーラーファームとビットコインマイナーの間でのこのような相乗的な協力を備えた多くのプロジェクトが見られています。

全体的に、UAEは北米やヨーロッパの消費者が夢見るだけのペースで電力供給を拡大し続けています。安定した原子力とソーラーの成長により、UAEは急速に成長するビットコインマイニング産業に対して余裕のある電力を十分に確保することができるでしょう。

季節によって電力需要が大きく変動します

砂漠で繁栄する経済には、より北の地域の人々が当たり前と考える淡水と冷却という2つの重要な要素が必要です。これらの要素の生産は、UAEのエネルギー消費の70%を占めています。このような淡水の生産と冷却に関連するエネルギー消費の高い割合は、電力供給と需要パターンに大きな影響を与えます。

まず需要側を分析しましょう。UAEでは、最も暑い月と最も涼しい月の間で気温が大きく変動し、数十万台のエアコンによる電力消費が季節によって大きく変動します。この消費パターンのため、冬の基本需要は夏のピーク需要の約半分です。

このような季節ごとの差異は、自然に電力システムに負担をかけます。さらに、UAEの発電所は冬に出力を減らして需要の低下に対応することができません。その理由を説明します。

UAEは淡水資源が限られているため、海水を淡水化するために組み合わせ発電と海水淡水化プラントを使用しています。淡水の供給が極めて重要であるため、これらのプラントは、最も暑い月と最も涼しい月の間で電力需要が大幅に変動するにも関わらず、1年を通じて比較的一定の容量で稼働する必要があります。これにより、膨大な量の電力が無駄になります。

2021年、UAEは149TWhを生産し、消費はわずか129TWhであり、20TWhの無駄な余剰が発生しました。1kWh当たりの代替コストを0.03ドルと仮定すると、この無駄な電力により、ユーティリティは約6億ドルの年間収益を失います。

ビットコインマイニングがこれを解決します。マラソンのCEOであるフレッド・ティール(Fred Thiel)は、The Mining Podで説明したように、ビットコインマイナーはこれまで無駄にされていた電力を収益化することで、ユーティリティの収益を増やすことができます。その後、ユーティリティはこの増加した収益をさらなる電力システムの改善に投資したり、住宅、商業、産業の電気料金を引き下げたりすることができます。

Reza Dabiralaeiも同様のことを説明していますが、ビットコインマイニングが電力システムに提供する需要の柔軟性を強調しています。UAEには、年間を通じて均一な需要プロファイルを持つ基本負荷電力消費者がいません。安定した柔軟なビットコインマイニングコンポーネントをグリッドに追加することで、UAEの電力システムは季節依存型需要の高い割合を減らし、システムをより効率的かつ強靭にすることができます。

電力料金は業種によって異なります

UAEでは、政府がユーティリティを管理する電力市場が運営されており、ユーティリティによって設定される電力料金は、最終消費者の業種に応じて大きく異なります。

例えば、政府は農業消費者向けの電力を1kWhあたり0.012ドルで補助しています。この補助金により、運営者は農地に小規模なビットコインマイニングファームを設立し、補助金が付いた電力料金を利用する機会が生まれました。こうした小規模なマイニングファームが田舎の各地に数多く現れています。

しかし、政府の補助金を利用するというこの戦略は、長期的には持続可能ではありません。カザフスタンやキルギスタンでの出来事が示すように、政府はこうした搾取を許容する傾向にはありません。

Ministry of Energy and Infrastructure, Own Estimates for Government Projects

[出典:hashrateindex]

UAEの電力システムのユニークな側面の1つは、国民が外国人よりもはるかに少ない料金で電力を支払っていることです。多くのUAE国民は、補助金付きの1kWhあたり0.02ドルの電力料金を利用するために、自宅の裏庭や地下室に小規模なビットコインマイニングファームを設置しています。

電力補助金はビットコインマイナーを引き寄せます。UAEの国民や農家は安い電力を享受していますが、産業消費者は1kWhあたり0.073ドルから0.099ドルと比較的高い料金を支払っています。これらの料金はビットコインマイニングにとっては高すぎます。では、半官半民のマイニングプロジェクトが電気料金をいくら支払っているのか、という疑問が生じます。

確実な情報源はありませんが、私たちは半官半民のビットコインマイニングプロジェクトが1kWhあたり0.035ドルから0.045ドルの間で電気料金を支払っていると考えています。この価格はUAEでの発電コストを考慮したもので公正であり、また、マラソンが1kWhあたり0.045ドルを超える料金を支払わなければUAEに参入しないと仮定しています。

現在の電気料金体制では、UAEでビットコインマイナーとして活動する方法は3つしかありません。まず、農地に小さなビットコインマイニングファームを運営して補助金を搾取することができますが、これは拡張性や持続可能性に乏しい戦略です。第二に、UAE国民であれば、自宅の裏庭に小さなマイニングシェッドを設置することができますが、これもあまり拡張性に欠けます。

したがって、UAEで合理的な電力料金を得るためには、マラソンが行ったように政府機関と提携することが唯一の方法です。

UAEでは資金調達が非常に容易です

UAEは石油やガス資源により莫大な富を築いています。さらに、最近ではドバイとアブダビが国際的な商業中心地として急速に発展し、多額の外国直接投資を引き寄せています。これらの都市には、ビットコインの貴重なシェアを手に入れたいと考える、裕福な主権運用ファンド、政府系機関、ファミリーオフィス、その他の投資家が集まっています。

これらの投資家の多くは、自らの投資を最大限に活用するため、理想的にはUAE内でビットコインをマイニングしたいと考えています。その一例が、アブダビでのZero Twoのプロジェクトです。

私たちの滞在中に、Phoenix StoreBlockfarmsなどのマイニングサービス企業と出会いました。これらの企業は、UAE内でのビットコインマイニングに対する現地の投資需要の一部を取り込むのに役立っています。特筆すべきは、これらの企業が国内ではなく、カナダ、アメリカ、ロシア、パラグアイなどの国々でホスティングサービスを提供していることです。現在、UAEでは小規模マイナー向けのホスティングオプションは限られていますが、大規模な半官半民プロジェクトは自己マイニングに重点を置いています。

米国が世界で最も優れたビットコインマイニング国になった主な理由の1つは、その強力な資本市場です。同様に、UAEのビットコインマイニングプロジェクトも資本調達が非常に容易であり、他のマイニングハブ(例:ロシアやパラグアイ)のプロジェクトよりも資金を調達しやすい環境にあります。

政治的に安定し、ビジネスにとって友好的な国

UAEは、7つのエミレートに分かれ、各地方は地元の支配家族によって統治される絶対君主制国家です。1971年の設立以来、同国は前例のない政治的安定を享受しています。この安定した基盤の上に、UAEはビジネスにとって好意的な方針を採り、1970年代の小さな漁村から国際的な商業都市へとドバイとアブダビを発展させてきました。

[出典:Dronestagr.am]

UAEはその手柄に甘んじることなく、経済の多様化と新産業の構築に向けて積極的な努力を続けています。国はITセクターの発展を積極的に推進し、国内に重要なデータセンターインフラを整備することを望んでいます。ビットコインマイニングは、多目的な電気およびデータセンターインフラを迅速に構築する素晴らしい手段として知られています。

さらに、UAEは暗号通貨セクターに対して非常にオープンな姿勢を示しています。このような暗号通貨に対する好意的な姿勢は、ビットコインマイナーにとって利益をもたらす可能性があります。特に、最近のアメリカやカナダでの暗号通貨企業やビットコインマイナーへの銀行へのアクセス制限を考えると、これは有益な点です。

UAEが多額の外国直接投資を引き付ける一因は、その税制上の優遇措置にあります。輸出志向企業やビットコインマイナーなど、特定の企業は国内の30を超える自由貿易区のひとつに登録することで、法人税、付加価値税、輸入関税の免除を受けることができます。これは、ビットコインマイニングなどのグローバルな競争の激しい産業において、非常に大きな利点です。

そのような自由区の一例が、アブダビ・グローバル・マーケット(ADGM)です。ここが、マラソンとゼロツーがアブダビのビットコインマイニング企業を設立した場所です。この自由区は、特にデジタル資産関連のビジネスを引き寄せることに焦点を当てています。

ただし、UAEは絶対君主制国家であり、政府は重要と見なす分野に積極的に関与する傾向があります。したがって、ビットコインマイニングはエネルギー部門と密接な関係があるため、UAE政府はおそらくこの産業を管理する意向でしょう。この傾向は既に見られています。

現在、ビットコインマイニングに特定の規制はありません。したがって、半官半民のプロジェクトを除くすべてのマイナーは、法的な曖昧地帯で運営されています。このセクターは近いうちに規制されるでしょう。政府はマイニングライセンスの申請を行い、特定の政府が承認した方法で運営する必要がある民間企業向けのライセンス制度を作成するでしょう。これは、同国が石油・ガスセクターを規制した方法と類似しています。

世界中で最も厳しい暗号通貨マイニング条件

UAEは政治的安定性、ビジネスフレンドリーさ、強力な資本市場、豊富なエネルギー資源など、マイニングにとって多くの利点を持っていますが、惑星上で最もマイニングに不利な気候の一つです。焼けつくような熱、高い湿度、塩分の多い空気、ほこり、定期的な砂嵐が組み合わさり、同国のビットコインマイニング作業は厳しい環境下で行われています。

最大の問題は熱です。砂漠に位置するUAEでは、平均の日中気温は1月に24°Cから8月には42°Cまで変動します。夏には気温が50°Cを超えることも珍しくありません。

temperature comparison between the UAE and other bitcoin mining hubs

[出典:climate-data.org&hashrateindex]

一方、上記のチャートに示されているように、ビットコインマイニングの中心地であるウェストテキサスの平均月間気温は14°Cから35°Cの範囲であり、UAEよりもかなり涼しいです。興味深いことに、ウェストテキサスでも夏には暑さのために定期的に稼働を制限することがあります。

私たちがUAEを訪れた際には、外気温が約45°Cの状況下でエアコンで運転される施設を見ました。運営者は施設に入る空気を冷やすために水のカーテンを使用していました。その結果、ラックに近い周囲温度は26°Cの許容範囲内にありました。しかし、UAEでは水は高価な資源ですし、気温が定期的に50°Cを超えるようなより暑い夏の日には、この水のカーテン設置がうまく機能するかどうか疑問です。また、この暑い環境での運用が機械の寿命にどのような影響を与えるかも疑問です。

確かなことは、UAEのマイナーは、炎熱の夏の日にはLuxOS firmwareを使用して、チップの温度を下げ、効率を向上させ、機械の寿命を延ばすべきである。

熱だけがUAEのマイナーにとっての悩みではない。広大な量のほこりと定期的な砂嵐も大きな問題を引き起こす。空冷施設はほこりフィルターを使うことができるが、完全にほこりを防ぐことはできず、機械の寿命を縮めてしまう。

水冷や浸漬冷却は、熱やほこりの影響を和らげるため、この地域では好ましい冷却方法だ。UAEでは淡水が不足しているため、水冷却は浸漬冷却よりも多くの課題がある。また、淡水化された水が水冷却に適しているかどうかはまだ定かではない。

電力グリッドに最大の利益をもたらすためには、UAEの大規模なマイニングプロジェクトは常に電力消費を確保する必要がある。そのため、夏の暑さの間に制限を回避するために、十分な冷却インフラが必要となる。現時点では、浸漬冷却がその信頼性を提供しているため、Zero TwoやMarathonが新しい施設でこのソリューションを採用する理由となっている。

Immersion cooling in the UAE

[出典:FBOX&hashrateindex]

しかし、浸漬冷却液も冷却する必要があります。外部の気温が50°Cを超えると、これは非常に困難な課題となります。そのため、UAEの浸漬冷却施設は、おそらくヒートポンプや類似の技術を使用して液体を冷却する必要があり、既存の機器が消費している冷却電力に加えて、かなりの追加の冷却電力が必要となるでしょう。

大規模なビットコインマイニング施設の運営は、冷却ソリューションの面ではUAEでまだ試験段階です。ここでの気候条件は世界でもっとも過酷なものの一つですが、オペレーターが最適な解決策を見つけ、最も暑い夏の月にも稼働できるようにすることに疑問はありません。しかし、どれだけ効率的なシステムを持っていても、UAEのマイナーは常にノルウェーなどのより涼しい環境のマイナーよりも高い冷却コストを負担することになります。

Bitcoin Mining in the UAE

結論

中東は豊富なエネルギー資源を持つため、ビットコインマイニングにとって最も有望な地域の一つです。そして、地域で最も開かれ、ビジネスに友好的な国であるUAEが先導しています。

UAEは、グリッドにさらなる核および太陽光エネルギーを追加することで、将来的にますます多くの電力余剰を持つことになります。ビットコインマイナーは、これまでに無駄にされてきた電力の収益化や必要な需要の柔軟性といった形で、電力システムに重要な利点を提供できます。

UAEには巨大なビットコインマイニングの潜在能力がありますが、業界はまだ初期段階で規制されていません。現時点では、スケーラブルで法的に持続可能な方法でビットコインをマイニングする唯一の方法は、政府機関との提携です。これがMarathonがこの国に進出した方法です。

Marathonが最初の北米のマイナーであるかもしれませんが、最後ではありません。地理的多様化は、北米のビットコインマイナーにとってますます重要な考慮事項となっており、北米や欧州以外の地域でUAEほど高い政治的安定性とビジネスに友好的な場所はほとんどありません。この国での成長は、確立されたプレーヤーと地元の準政府的なプレーヤーの協力によって主導される可能性が高いでしょう。

UAEでの運営の多くの利点がありますが、最大の課題を回避することはできません: 過酷な気候です。ビットコインマイナーは、この課題に対処するために浸漬冷却やファームウェアを活用することができます。

全体として、UAEは今後数年でますます重要なビットコインマイニングの国となり、他の中東諸国にとっての事例となる可能性があります。

What's Your Reaction?

like

dislike

love

funny

angry

sad

wow

だっちゃんxpr xrpの大ファンす。