DeFiプロトコルであるElixirは、評価額1億ドルでシリーズAの資金調達において750万ドルを確保しました

ElixirがシリーズAラウンドで750万ドルの資金調達を行い、企業価値は1億ドルでした。 この資金調達はHack VCによって主導され、分散型注文帳取引所全体の流動性を向上させることを目的としています。

2023-10-19 - 00:48
2024-02-16 - 23:03
 0  128
DeFiプロトコルであるElixirは、評価額1億ドルでシリーズAの資金調達において750万ドルを確保しました
この資金調達はHack VCによって主導され、分散型注文帳取引所全体の流動性を向上させることを目的としています
  • Elixir Protocolは、シリーズAラウンドで750万ドルの資金調達を行い、企業価値は1億ドルでした。 

  • この資金調達はHack VCによって主導され、分散型注文帳取引所全体の流動性を向上させることを目的としています。

DeFiプロトコル「Elixir」は、評価額1億ドルで750万ドルのシリーズA資金調達を完了しました。この資金は、分散型注文帳取引所における流動性の向上を目的としています。

この資金調達ラウンドはHack VCが主導し、NGC VenturesやAngelList Ventures、Bloccelerate、そしてLedger Prime、Genesis Trading Hudson River Tradingを含むエンジェル投資家たちが参加しました。

Hack VCのマネージングパートナー、Ed Roman氏は次のようにコメントしました。「Hack VCは、業界の新しい基本技術への投資に熱心であり、ElixirのシリーズA資金調達を主導したことを誇りに思っています。取引所の流動性は常に問題であり、特に資本の効率が低く、少数の企業に依存する注文帳DEXやトークンプロジェクトにおいては顕著です。Elixirが注文帳取引所での採用を広げ、2年以上にわたり強力な技術を開発してきたことで、取引所における注文帳の流動性でのリーダーとしての地位を築くことが期待されます。

シードラウンドからシリーズAへ

最新のシリーズA資金調達ラウンドは、Elixirの1月のシードラウンドに続くもので、FalconX、Commonwealth、Chapter One、Ava Labs、そしてBitMEXの創設者Arthur Hayesの支援を受けて210万ドルを調達しました。

「私たちはローンチに向けてシリーズAを終了させたことを嬉しく思っています」とElixirの共同創業者でCEOのPhilip Forteは述べています。「この最新の資金調達により、私たちの対面チームを拡大し、プロトコルのインフラを活用して追加のユースケースをサポートするためのロードマップを迅速に進めるためのエンジニアリング努力を強化することができます。」

Elixirの現在の17人のチームには、Gemini、Hudson River Trading、Tokensoftなどの企業からのベテランが含まれています。

DeFiでの注文帳流動性の向上

中央集権型の取引所は常に、最も効率的な取引環境として注文帳を好んできました。より多くの分散型取引所がこのモデルに移行してきていますが、限定的な流動性は依然として課題となっています。

注文帳ベースの分散型取引所は、ユーザーが中央集権型の取引所と同様に、他のトレーダーと直接取引を実行できるようにしていますが、取引を行う際に仮想通貨資産の完全な管理権を保持しています。これは、特定のトークンペアの分散型取引を容易にする流動性プールスマートコントラクトを使用する主要な自動市場メーカーDEXモデルとは対照的です。

Elixirは、ユーザーが注文帳取引所のペアに直接流動性を供給し、AMMと同様のリスクリターンプロファイルでメーカー報酬を獲得できるようにします、とチームは述べています。より深い流動性を奨励することで、Elixirは、より狭い売買スプレッドと増加した取引量を特徴とする、より効率的な取引環境を作成することを目指しています。

Elixirの委任されたProof-of-Stakeプロトコルは、近くメインネットでのローンチが予定されており、Vertex、Bluefin、WooFiなどの分散型取引所と統合される予定です。また、Elixirは来年初めにdYdX V4の許可のない市場機能を動力とする予定であり、チームによるとそう述べられています。


bfmediaより指摘

シリーズAラウンドについて

投資ラウンドの種類には、エンジェル、シード、シリーズA、B、C..などがありますが、それぞれシード、アーリー、ミドル、レイターの4つの事業ステージ内に属するものです。

シリーズAラウンドの要件としては、PMFを達成していることが一つの目安となっており、PMFが未達の場合はプレシリーズAラウンドやポストシードラウンドという一つ手前の調達ラウンドを実施することとなります。またシリーズA以降でシリーズB未満のラウンドのことをプレシリーズBやシリーズAのエクステンションラウンドなどと呼ぶケースもあります。

dYdXとは

dYdXは、クロスマージン(口座内の資産のすべてを証拠金として利用すること)で、37種類もの仮想通貨のパーペチュアル取引ができるDEXである。 パーペチュアル取引とは、通常の先物取引と違って、無期限でポジションを保有し続けられる先物取引のことだ。

What's Your Reaction?

like

dislike

love

funny

angry

sad

wow

bfmedia編集部 bfmedia編集部