ETFブームで2024年はビットコイン最高値を達成するかな?

ETFは、特にビットコインの価格を過去のほぼ7万ドルの最高値(ATH)を超える可能性に燃料を供給するとされている重要なトピックとなっています。さらに、BTCの支持者たちは、2024年4月に予定されている次回の半減期(Halving)が、世界の主要な暗号通貨にさらなる後押しをもたらすと期待しています。

2024-03-05 - 00:06
2024-03-05 - 00:06
 0  67
ETFブームで2024年はビットコイン最高値を達成するかな?
多くのファンドマネージャーが、顧客の要求に応じて迅速に仮想通貨を取得し、資産の基礎価格を反映したETF株式を購入しようとしています。

ビットコインの好調な勢い

ビットコイン(BTC)が2021年以来の最高値に達し、2011年11月に達成した69,000ドルの記録に迫りましたが、その後大幅に下落しました。現在、価格は62,000ドル以上の価格帯で推移しています。

ビットコインの強力な上昇勢は、米国でのオレンジコインの現物取引型上場投資信託(ETF)の長年の期待される承認に主に起因しています。

これらのETFの承認により、数十億ドル規模の機関投資がグローバルな仮想通貨市場に流入し、ビットコインの堅調な上昇を後押ししています。

その後のボラティリティにもかかわらず、ビットコインの耐久性と増加する機関投資への関心が投資家の間で楽観的なムードを生み出しています。

ジェリー・ゲンスラー率いる証券取引委員会(SEC)が1月に承認した11の現物ビットコインETFのうち、10つが現在取引され、大きな流入を集めています。

K33 Researchによると、米国で新たに承認された9つの現物ビットコイン上場投資信託(ETF)は、合計で30万ビットコイン(BTC)以上を管理し、収集時点で170億ドル以上の価値があります。この数字は、現在流通している1960万BTCの約1.5%に相当し、これらのファンドにとって新しい高値を示しています。

K33 Researchとは?

K33は、以前はArcaneとして知られていましたが、EMEA地域全体で、業界をリードするデジタル資産の研究に基づいたブローカレッジを提供する投資サービスです。顧客が的確な決定を下すために情報を提供し、マルチエクスチェンジのブローカレッジサービスによって市場に参入し、カスタマイズされた運用ファンドに安全に投資する手助けをします。K33は、顧客が研究、デジタル資産ブローカレッジ、ファンド、構造化商品にアクセスできる統合プラットフォームを提供しています。

GBTCのウェブサイトからの最新データによると、Grayscaleは現在約445,386.8454 BTCを保有し、現在の時点で約27.61億ドル相当です。最近承認された現物ビットコインETFとGrayscaleの資産の合計保有額を考慮すると、これらのエンティティが保有する仮想通貨の総額は約430億ドルになります。

特筆すべきは、GrayscaleがSECの承認を受けて長年のビットコイン信託(GBTC)を現物ビットコインETFに変換したため、総額にGrayscaleの保有額が含まれていないことです。

ビットコインETFが投資家の関心を高める

ETFがビットコインの価格に与える影響についての議論が続く中、他の要因もこれまで資産の堅調なパフォーマンスに影響を与えています。

多くのファンドマネージャーが、顧客の要求に応じて迅速に仮想通貨を取得し、資産の基礎価格を反映したETF株式を購入しようとしています。

最新のビットコインETFオペレーターの中で、世界最大のファンドマネージャーであるBlackRockが700億ドルを超える資産を管理しています。

FactSetによると、iShares Bitcoin Trust(IBIT)の取引高は2月28日に急増し、約9600万株が取引され、2月27日に設定された約4300万株の前の記録を大幅に上回りました。

これらのETF製品は、以前は安全で規制された方法でビットコインにアクセスできなかった投資家が、今ではこの分野に傾倒していることを証明しています。

一方で、懐疑的な人々は、ビットコインETFの導入がボラティリティや投機取引を悪化させ、予測不可能な市場ダイナミクスを引き起こす可能性があると警告しています。市場操作、監督の不足、投資家の損失の可能性など、慎重に進むべき理由を挙げています。

ビットコインの半減期:価格急騰の触媒

ビットコインの半減期(Halving)イベントは、おおよそ4年ごとに起こり、これまでの数年間でビットコインの価格動向や市場のダイナミクスに大きな影響を与えてきました。各BTCの半減期イベントでは、新しいブロックの採掘報酬が半減され、新しいコインが市場に流入する量が減少し、その供給に影響を与えます。

歴史的に、ビットコインの半減期は大幅な価格急騰をもたらしてきました。2012年の半減期後、ビットコインの価格は80倍に急騰し、2016年の半減期後には300%の上昇が見られました。特筆すべきは、2020年の半減期後、ビットコインの価格がわずか16か月で600%以上急騰したことです。

多くのアナリストや専門家は、今後の半減期がビットコインの価格を新たな史上最高値に押し上げる可能性に楽観的です。予測によれば、2024年終了時点で少なくとも13万ドルまで価格が急騰すると見込まれています。

しかし、すべての意見が一致しているわけではありません。

たとえば、JPモルガンは、半減期後にビットコインの価格が4万2000ドルまで下落すると予想しています。

半減期イベントは、ビットコインの希少性を維持し、過剰な価格膨張を防ぐ役割を果たします。ブロックごとの採掘報酬が6.25ビットコインから3.125 BTCに減少することで、半減期はビットコインの希少性をより強調し、そのデフレ原則と一致するようになります。

この希少性に基づくモデルは、ビットコインの制御された供給メカニズムの基盤となっており、将来的に流通するビットコインが2100万BTCに制限されることを保証しています。

執筆時点では、ビットコインは62,413ドルで取引され、時価総額は1.2兆ドルを超えています。世界の主要な暗号通貨に関するアナリストの予測が2024年にどのように実現するか、今後の展開が注目されます。

What's Your Reaction?

like

dislike

love

funny

angry

sad

wow

だっちゃんxpr xrpの大ファンす。