Exahertzに独占インタビュー:砂漠を「征服」する水冷マイニング技術とは

Exahertzは、水冷マイニング技術をリードする企業として、砂漠でのマイニング事業を推進していきます。水冷マイニング技術の普及により、マイニングの持続可能な発展に貢献していきたいと考えています。

2023-10-28 - 00:17
2024-02-16 - 22:34
 0  72
Exahertzに独占インタビュー:砂漠を「征服」する水冷マイニング技術とは
水冷マイニングは非常に革命的な技術で、特に中東地域にとってはそうです。

砂漠の過酷な気候下でのマイニング活動は大きな挑戦となっています。しかし、ビットメイン(Bitmain)社の水冷マイニング技術は、この難問に対する革新的な解決策を提供しています。今回、私たちはExahertz社のCEO、Jad Kharma氏と執行役員のSam Ferdows氏にインタビューを行い、Exahertzがどのように水冷マイニング技術で砂漠を「征服」し、マイニング場を構築しているのかを詳しくお話しいただきました。

砂漠の過酷な気候下でのマイニング活動は大きな挑戦となっています。しかし、比特大陸の水冷マイニング技術は、この難問に対する革新的な解決策を提供しています。

Exahertzは、オマーンに拠点を置くブロックチェーン企業で、Jad Kharma氏とSam Ferdows氏によって共同設立されました。現在、オマーンのセラーレで、政府の支援を受けた大型の水冷データセンターを運営しており、このデータセンターにはアントマイナーとして知られるマイニング機器がすべて配置されています。近く、Exahertzはビットメイン社と50MWの水冷マイニング場の共同事業を締結する予定です。

"水冷マイニングは非常に革命的な技術で、特に中東地域にとってはそうです。"とJad氏は語ります。"水冷技術の卓越した冷却効果は、私たちが砂漠地帯でのマイニングに十分な保護を提供してくれます。過去には、これはほぼ不可能でした。だから、私たちはビットメイン社の水冷マイニング技術に非常に感謝しており、それによって砂漠を「征服」することができました。"

"Jadの意見には完全に賛成です。"とSam氏が付け加えます。"オマーンでの水冷マイニング機は非常にスムーズに動作しており、私たちは停止することなく、ほぼ100%の稼働率を保っています。それは素晴らしいことです。高温の夏でも、全てが順調に動作していますが、水の使用量が少し増加するかもしれません。"

オマーンでの水冷マイニング機は非常にスムーズに動作しており、私たちは停止することなく、ほぼ100%の稼働率を保っています。それは素晴らしいことです

"しかし、さまざまな冷却水の供給源を探し出すことができました。"とSam氏は続けます。"これは、ビットメイン社の湿度と乾燥の組み合わせた冷却塔のソリューションのおかげです。このソリューションは非常に柔軟性があり、そのため温度や環境に応じて冷却水の調整が可能です。最近、都市排水を再利用し、湿度と乾燥の組み合わせた冷却塔の冷却水供給源として利用することができることを発見しました。これは私たちと政府の双方にとって大きな利点があり、非常にエコフレンドリーで持続可能なマイニングの方法と言えます。"

水冷マイニング技術に関する提案について話す際、Jad氏は非常に建設的な意見を述べました。ビットメイン社の水冷マイニングの解決策は全世界向けに設計されているので、非常に汎用性が高いです。しかし、中東地域には独特の特徴が多くあります。そのため、私たちはビットメイン社と緊密に連携し、よりカスタマイズされた解決策を共同で探っています。ここで、ビットメイン社の技術チームの全面的なサポートに感謝したいと思います。

将来、私たちは比特大陸と協力して、より環境にやさしく、クリーンで効率的なマイニングの新しい未来を共同で築いていきたいと考えています。

"水冷マイニング技術は非常に新しい技術です。私たちはビットメイン社と一緒に、水冷マイニング技術の普及と進化を共同で推進したいと考えています。"とJad氏は強調します。"将来、私たちはビットメイン社と協力して、より環境にやさしく、クリーンで効率的なマイニングの新しい未来を共同で築いていきたいと考えています。"

bfmedaより指摘

Exahertz社は、中東地域をリードするブロックチェーンインフラストラクチャプロバイダーになることを目標としています。同社は、水冷式マイニング技術に焦点を当てており、中東地域の炎熱な気候と高エネルギーコストの問題を解決するための有効な手段であると考えています。

What's Your Reaction?

like

dislike

love

funny

angry

sad

wow

bfmedia編集部 bfmedia編集部