NEARプロトコルとシータがアルトコインをけん引、ただし抵抗は依然として厳しい

Near ProtocolとTheta(シータ)は、それぞれ異なる目的を持つブロックチェーン技術を基盤としていますが、両方とも分散型ネットワークの強化とユーザーエクスペリエンスの向上に重点を置いています。Near Protocolは広範なDApp開発に焦点を当てており、Thetaは分散型ビデオ配信の分野で特化しています。両者はブロックチェーン技術の異なる応用例を提供しており、分散型エコシステムの拡張に貢献しています。

2024-03-15 - 20:50
2024-03-19 - 05:11
 0  69
NEARプロトコルとシータがアルトコインをけん引、ただし抵抗は依然として厳しい
Near ProtocolとTHETAは、それぞれ異なる分野でブロックチェーン技術の可能性を拡大しています。

ビットコインが新たな高みへと駆け上がり、これまでの最高値を軽々と超え、未知の価格探索領域に踏み込む中で、アルトコインたちも生き生きとした動きを見せています。特に、Near Protocol(NEAR)とTheta(THETA)が月曜日の市場をリードしていますが、これらは現在、厳しい抵抗に直面しています。

主要なアルトコインはビットコイン(ビットコイン)を上回るべきです

ビットコインが更なる高みへと進む中、予想以上のパフォーマンスを見せるのは、いくつかのアルトコインだけでしょう。ビットコインが24時間で最大1万ドルの上下動を記録することもありますが、その際、一部のアルトコインはこの動きの3倍から10倍を達成することができます。

この類のアウトパフォーマンスを実現するのはごく一部のアルトコインに過ぎません。それでも、現在トップパフォーマンスを誇るいくつかのアルトコインは、少なくとも3倍の差をつけてビットコインの利益を上回る能力があると言えます。

アルトコイン市場は今、盛り上がりを見せており、ビットコインが本日約4%上昇している一方で、一部のアルトコインは10%以上の急騰を遂げています。その中でも、Near Protocol(NEAR)は注目の存在です。

NEARは強気ですが、抵抗に直面しています

NEARは強気な展開を見せていますが、抵抗に遭遇しています。短期的な4時間足チャートを見ると、NEARは上昇チャネルの上端を突破しました。これは通常、弱気の兆しとされますが、NEARが上方へと抜けたことは非常に強気のサインです。

NEAR Protocol (NEAR)とは?

NEARプロトコルは、コミュニティが運営するクラウドコンピューティングプラットフォームとして設計されたレイヤー1ブロックチェーンであり、低い取引速度、低いスループット、低い相互運用性など、競合するブロックチェーンを悩ませてきた制限の一部を排除します。これにより、DAppsに理想的な環境が提供され、開発者とユーザーフレンドリーなプラットフォームが作成されます。たとえば、NEARは、Ethereumに共通する仮想通貨ウォレットアドレスとは異なり、人間が判読できるアカウント名を使用します。NEARはまた、拡張性の問題に対する独自のソリューションを導入し、「Doomslug」と呼ばれる独自のコンセンサスメカニズムを持っています。

NEARプロトコルは、初期コードを更新し、エコシステムにアップデートをリリースしているコミュニティであるNEARコレクティブによって開発されています。その宣言された目標は、「お金やアイデンティティなどの価値の高い資産を管理するのに十分な安全性と、日常の人々に役立つのに十分なパフォーマンス」を備えたプラットフォームを構築することです。

開発者が資産、商品、現実世界のイベントに基づいて市場を作成できるプロトコルであるFluxと、NFTミンティングプラットフォームであるMintbaseは、NEARプロトコルに基づいて構築されているプロジェクトの例です。

しかし、週間足のチャートで広範囲にわたって観察すると、NEARが強力な抵抗に直面しており、ここでの反落が予想されます。現在の価格6.95米ドルから6米ドルへと戻る場合、これは投資の絶好のチャンスとなるでしょう。

NEARプロトコル(NEAR)の特徴は?

NEARはNightshade技術を使用して、取引スループットを大幅に向上させます。Nightshadeはシャーディングのバリエーションであり、バリデータの個々のセットが複数のシャードチェーン間で取引を並行して処理し、ブロックチェーンの全体的な容量を向上させます。従来のシャーディングとは対照的に、Nightshadeのシャードは「チャンク」と呼ばれる次のブロックの一部を生成します。そうすることで、NEARプロトコルは毎秒最大100,000取引を達成し、1秒というブロック生成速度のおかげでほぼ瞬時に取引の確定を行い、同時に取引手数料を実質的にゼロに保つことができます。

NEARプロトコルはまた、人間が読めるアドレスを持ち、ユーザーがすでに経験したものと同様の登録フローを持つ分散型アプリケーションを構築することによって、他のブロックチェーンの複雑なオンボーディングプロセスを改善します。さらに、開発者にモジュラーコンポーネントを提供し、トークンコントラクトやNFTなどのプロジェクトをより迅速に開始するのに役立ちます。

Theta(シータ)も強い抵抗に直面しています

同様に、Theta(THETA)も厳しい抵抗に直面しています。短期チャートを見ると、Thetaが再度上昇チャネルの上端に達したことが確認できます。しかし、チャネルの上端を突破することができれば、その強気の流れは続くでしょう。現在の状況では、ここでの反落が起こる可能性があります。

週間チャートを詳細に分析すると、このタイミングでThetaがなぜ反発を受けているのかがはっきりと理解できます。2021年から2022年にかけて、このレベルで形成された強固な抵抗が存在します。そのため、Thetaが力を蓄えて突破する前に一度は反発に遭遇する可能性が高いと予想されます。3.30米ドルは、Thetaが再挑戦する前に一時的に支持を得られる可能性のある価格帯です。

Near Protocolの影響

スケーラビリティと高速トランザクション:Near Protocolは、その高速なトランザクション処理能力と低い手数料によって、ブロックチェーンのスケーラビリティ問題に対処しています。これは、デアプリの開発と利用を促進することで、アルトコイン市場における技術革新の一例となっています。
クロスチェーン機能:Near Protocolのクロスチェーン互換性は、異なるブロックチェーン間の流動性と相互運用性を高めることで、アルトコインエコシステム全体の成長を促進しています。

Theta(シータ)の影響

分散型ビデオ配信:Theta(THETA)は、分散型ビデオ配信により、既存のビデオストリーミングサービスに代わる新たなソリューションを提供しています。これにより、コンテンツ配信の効率化とコスト削減が期待され、ブブロックチェーン技術の実用的な応用例としてアルトコイン市場に影響を与えています。
ユーザー参加型エコシステム:THETAネットワークは、ユーザーが帯域幅を共有することで報酬を得られる仕組みを採用しています。これにより、エンドユーザーの積極的な参加を促し、分散型経済の発展に貢献しています。

総合的な影響

Near ProtocolとTHETAは、それぞれ異なる分野でブロックチェーン技術の可能性を拡大しています。これらのプロジェクトは、技術的進歩やイノベーションを通じてアルトコイン市場の多様化と成熟を促進しており、投資家や開発者に新たな機会を提供しています。また、これらのプラットフォームはアルトコインの認知度と利用の広がりを示しており、仮想通貨市場全体の発展に寄与しています。NEARは、アプリケーションを構築するベースレイヤーとなる、Amazon Web Services(AWS)などの集中型データストレージシステムと同様の仕組みで動作します。しかし、NEARは単一のエンティティによって実行されているのではなく、コンピュータの分散型ネットワークによって運用され、維持されています。

What's Your Reaction?

like

dislike

love

funny

angry

sad

wow

だっちゃんxpr xrpの大ファンす。