米国上院議員は暗号通貨ETFの導入にブロックをかける動き

民主党の上院議員が、小売投資家への潜在的なリスクを理由に、暗号通貨ETF(上場投資信託)のブロックに動いています。ジャック・リード上院議員とラフォンザ・バトラー上院議員は特に、暗号通貨市場の高い変動性、綿密な規制の不足、そしてセクター内の不正行為の可能性に対する懸念を強調しています。

2024-03-16 - 07:15
 0  67
米国上院議員は暗号通貨ETFの導入にブロックをかける動き
暗号通貨市場はその変動性が高く、リスクを十分に把握していない投資家にとって大きな損失に繋がる可能性があります。

民主党のリード上院議員とバトラー上院議員が暗号通貨業界に衝撃を与え、SECに暗号通貨ベースのETFの承認中止を強く求めました。

「暗号通貨ETFの新規承認停止を要求」との声が上がる。

暗号通貨コミュニティからの反発を招いている二人の民主党上院議員は、SECに対し、今後一切の暗号通貨ベースのETFを承認しないよう説得しようと試みています。3月11日、ジャック・リードとラフォンザ・バトラー両上院議員は、SECのゲイリー・ゲンスラー議長に宛てた書簡の中で、規制当局によるさらなるビットコインETFの承認が、個人投資家を「巨大なリスク」にさらす可能性があると主張しました。

彼らの書簡には、「個人投資家は、取引量の少ない暗号通貨や、ポンプ・アンド・ダンプやその他の詐欺行為に特に脆弱な価格を持つ暗号通貨に関連するETPから巨大なリスクに直面することになる」と記されています。

暗号通貨規制に向けた動きを加速

バトラーとリード両上院議員は、アメリカ国内での暗号通貨規制を目指す複数の立法活動に参画しています。

2023年12月11日には、バトラー上院議員が物議を醸すデジタル資産反マネーロンダリング法案において、エリザベス・ウォーレン上院議員と共同提案者として名を連ねました。その後、7月にはリード上院議員が、分散型金融を特に対象とし、お客様確認(KYC)および反マネーロンダリング(AML)規制の強化に加え、制裁要件にも焦点を当てた二党間の法案を提案しました。

暗号通貨業界への政治圧力が増加中

この手紙では、SECに対して、最近のビットコインスポットETFの承認が将来の承認への先駆けとなるべきではないとの警鐘を鳴らしています。上院議員はさらに、既に導入されているビットコインETF製品に関してSECが具体的な対策を講じ、ETFのブローカーやアドバイザーに対する規制監視を強化すべきだと力説しました。

リード上院議員とバトラー上院議員が暗号通貨ETFの承認阻止に尽力することで、小売投資家への潜在的リスクに対する懸念が高まり、暗号通貨業界における更なる規制監督の必要性が際立っています。また、この動きは業界専門家から、増加する政治的圧力がEther ETFの承認を遅らせる可能性があるとの指摘につながり、1月の承認可能性70%から3月には35%へと低下していることが示されました。

コインベースからの痛烈な反論

しかし、この手紙はコインベースの最高法務責任者、ポール・グリューウォルなど、業界の専門家の情熱を減退させるものではありませんでした。彼はビットコインETFの規制と更なる暗号通貨ETF申請の拒否を試みる動きに対し批判の声を上げました。ソーシャルプラットフォームXにて、Etherやその他の暗号通貨が、最大の取引株式をも上回る品質指標を示すことについて詳細を述べました。

グリューウォルは、イーサリアム(ETH)のスポット市場が顕著な深さと流動性を持ち、名目上のドル取引量においてS&P 500の株式2つに次ぐ位置にあると主張しました。さらに、Etherの先物市場とスポット市場がビットコインと同様の相関関係を示す直接的な証拠を指摘しました。

まとめ

米国民主党の上院議員が、小売投資家への潜在的なリスクを理由に、暗号通貨ETF(上場投資信託)のブロックに動いています。ジャック・リード上院議員とラフォンザ・バトラー上院議員は特に、暗号通貨市場の高い変動性、綿密な規制の不足、そしてセクター内の不正行為の可能性に対する懸念を強調しています。

これらの議員が暗号通貨ETFの導入を阻止しようとしている主な理由は以下のとおりです:

  1. 市場の変動性とリスク:暗号通貨市場はその変動性が高く、リスクを十分に把握していない投資家にとって大きな損失に繋がる可能性があります。

  2. 規制の監督:現行の規制体制が暗号市場やその製品を適切に監督できるかどうかが議論の的となっています。議員たちは、十分な規制措置が講じられない限り、ETFが小売投資家に不必要なリスクをもたらすと懸念しています。

  3. 詐欺と市場操作:暗号市場はポンプアンドダンプスキームなどの詐欺行為と結びついているケースがあり、特に流通量が少ないまたは規制が緩い暗号通貨を基にしたETFが操作のリスクに晒されやすいとされています。

  4. 投資家の保護:小売投資家の保護は、議員たちの重要な関心事です。彼らは、適切な保護措置なしには、投資家が自身の利益に反する金融商品に晒される可能性があり、それが財務的な損害につながると考えています。

  5. 将来の承認への影響:SECへの懸念の表明を通じて、議員たちは暗号ベースの金融商品が将来どのように評価されるべきかについての前例を設定し、承認プロセスにおける慎重なアプローチを求めています。

リード上院議員とバトラー上院議員の取り組みやSEC議長への書簡は、小売投資家を不当なリスクから保護するために、急速に発展している暗号市場でのより明確な規制と保護が必要であるという広範な対話を促しています。

What's Your Reaction?

like

dislike

love

funny

angry

sad

wow

だっちゃんxpr xrpの大ファンす。