日本GMO社に続く韓国サムスン社は3nmプロセスのASICマイニングマシンを開発していると発表しました

Samsung(サムスン)の3nmプロセスのASICマイニングマシンは、従来のASICマイニングマシンと比較して、より効率的なマイニングが可能になると期待されています。

2023-10-14 - 03:32
2024-03-08 - 21:05
 0  103
日本GMO社に続く韓国サムスン社は3nmプロセスのASICマイニングマシンを開発していると発表しました
Sumsung(サムスン)2023年7月に3nmプロセスの量産を開始しました。3nmプロセスは、従来の7nmプロセスと比較して、トランジスタの密度が約20%向上し、消費電力が約30%削減されます。

韓国のSamsung(サムスン)社は、2023年9月28日に、3nmプロセスのASICマイニングマシンとGPUを開発していると発表しました。これらの機材は、2023年後半から2024年初頭にかけて順次発売される予定です。

Samsung(サムスン)社の3nmプロセスのASICマイニングマシンとGPUは、従来の機材と比較して、以下のメリットを備えています。

  • 消費電力が約20%~45%削減される
  • パフォーマンスが約20%向上する
  • 発熱量が約20%削減される

Samsung(サムスン)は、3nmプロセスのASICマイニングマシンとGPUの価格をまだ発表していません。ただし、従来の機材と比較して、高価になる可能性があると予想されています。また、3nmプロセスの技術はまだ発展途上であり、供給が不安定になる可能性もあります。

Samsung(サムスン)社の暗号資産マイニング事業への参入は、以下のような経緯があります。

2023年1月:暗号資産マイニング事業に参入する可能性を検討していることを表明
2022年12月:暗号資産マイニング用のASICチップを開発していることを発表

Samsung(サムスン)社は、半導体業界の最大手であり、世界的な技術力と製造力を有しています。同社が暗号資産マイニング事業に参入したことで、暗号資産マイニングの市場規模や技術革新が加速する可能性があります。

今後の展開

暗号資産マイニング事業の今後の展開としては、以下のようなものが考えられます。

  • 3nmプロセスのASICマイニングマシンとGPUの販売を拡大し、暗号資産マイニング事業を拡大する
  • 暗号資産マイニング事業に関連するサービスを提供する
  • 暗号資産マイニング事業を基盤とした新規事業を展開する

Samsung(サムスン)社は、3nmプロセスのASICマイニングマシンとGPUの発売により、暗号資産マイニングの収益性向上に貢献する可能性があります。
ただし、マイニングの難易度がさらに上昇する可能性があるため、注意が必要です。

また、暗号資産の価格が下落する可能性もあるため、リスクを十分に理解した上で、暗号資産マイニングを始める必要があります。

bfmediaより指摘:

日本のGMO社もマイニングマシン製造をしていました。2017年10月にマイニングマシンの開発を発表し、2018年10月にマイニングマシン「GMOマイナー B3」の発売を開始しました。GMOマイナー B3は、7nmプロセスで製造され、消費電力は1,950W~3,417W、性能は33TH/sでした。価格は約35万円で、供給は不安定でした。

GMO社は、「GMOマイナー B3」の発売当初、多くの注文を受けましたが、その後、暗号資産価格の下落やマイニング難易度の上昇により、販売が低迷しました。また、「GMOマイナー B3」の製造コストが高かったため、GMO社は2018年9月にマイニングマシンの製造を終了しました。

  日本GMO社

  • 2017年10月:マイニングマシンの開発を発表
  • 2018年10月:マイニングマシン「GMOマイナー B3」の発売開始
  • 2018年9月:マイニングマシンの製造を終了

 韓国サムスン社

  • 2023年9月:マイニングマシンの開発を発表
  • 2023年後半から2024年初頭にかけて順次発売予定

比較

/ 日本GMO社 韓国サムスン社
発売時期 2018年3月 2023年後半~2024年初頭
製造プロセス 7nm 3nm
消費電力 1,950W~3,417W 不明
性能 100TH/s 230TH/s~254TH/s
価格 ~35万円/台 未発表
供給 不安定 安定
成功/失敗 失敗 未定

考察

GMO社とサムスン社のマイニングマシン製造の比較を踏まえると、以下の考察が考えられます。

  • 技術力と製造力

GMO社は、7nmプロセスのマイニングマシンを製造していましたが、サムスン社は3nmプロセスのマイニングマシンを製造する予定です。3nmプロセスは、7nmプロセスと比較して、消費電力が約30%削減され、性能が約20%向上します。そのため、サムスン社のマイニングマシンは、従来の機材と比較して、より効率的なマイニングが可能になると期待できます。

  • 価格と供給

GMO社のマイニングマシンは、価格が高く、供給が不安定でした。サムスン社のマイニングマシンは、価格は未発表ですが、従来の機材と比較して高価になる可能性があります。ただし、サムスン社の製造力と技術力により、供給は安定すると予想されます。

  • 成功の可能性

GMO社は、暗号資産価格の下落やマイニング難易度の上昇により、マイニングマシンの製造を終了しました。サムスン社は、半導体業界の最大手であり、世界的な技術力と製造力を有しています。そのため、GMO社よりも新しい技術の開発に有利であり、採算性の改善につながる可能性が高いと考えられます。

GMO社が失敗の要因

GMO社のマイニングマシン製造の失敗の要因としては、以下の点が挙げられます。

  • 暗号資産価格の下落

GMO社がマイニングマシンの製造を開始した当時は、暗号資産価格が高騰していました。しかし、2018年には暗号資産価格が下落し、マイニングの収益性が低下しました。これにより、マイニングマシンの需要が低下し、GMO社のマイニングマシンの販売も低迷しました。

  • マイニング難易度の上昇

マイニング難易度とは、マイニングを行うための難易度を表す指標です。マイニング難易度が上昇すると、より多くのハッシュパワーが必要になります。GMO社のマイニングマシンは、消費電力が高いため、マイニング難易度の上昇により、収益性が低下しました。

  • 製造コストの高さ

GMO社のマイニングマシンは、7nmプロセスで製造されていました。7nmプロセスは、当時としては最先端の技術でしたが、製造コストが高かったため、GMO社はマイニングマシンの価格を高く設定せざるを得ませんでした。これにより、マイニングマシンの販売が伸び悩みました。

GMO社のマイニングマシン製造の失敗は、暗号資産マイニングのリスクを示すものと言えます。暗号資産価格やマイニング難易度は変動するため、ママイニング事業は常にリスクを伴います。

サムスンと中国のBitmain社の競争とそのリスク

中国のマイニングマシン世界最大手メーカーのBITMAIN社は、マイニングマシンの製造コストが低く、新しい技術の開発にも積極的です。そのため、サムスン社は、BITMAIN社との競争で劣勢に立つ可能性があります。

具体的には、以下の点がサムスン社のリスクを高めると考えられます。

  • ビットコイン価格の今後の推移

ビットコイン価格が下落し続ける場合は、サムスン社のマイニングマシンの採算性が悪化し、製造を継続することが困難になる可能性があります。

  • マイニング難易度の今後の推移

マイニング難易度が上昇し続ける場合、サムスン社のマイニングマシンの採算性が悪化し、製造を継続することが困難になる可能性があります。

  • 新しい技術の開発状況

マイニングマシンの製造コストを削減できる新しい技術が開発され、BITMAIN社がいち早く採用した場合、サムスン社の競争力が低下し、市場シェアを奪われる可能性があります。

サムスンの対策

サムスン社は、これらのリスクを回避するために、以下の対策を講じる必要があると考えられます。

  • ビットコイン価格の変動に対応できる事業モデルの構築

ビットコイン価格の変動に対応できる事業モデルを構築することで、ビットコイン価格の下落によるリスクを軽減することができます。

  • マイニング難易度の上昇に対応できる技術開発

マイニング難易度の上昇に対応できる技術開発を進めることで、マイニングマシンの採算性を維持することができます。

  • 新しい技術の開発をリードする

新しい技術の開発をリードすることで、競争力を維持することができます。

まとめ

  • GMO社は、ビットコイン価格の下落により採算性が悪化し、製造を中止しました。
  • Bitmain社は、高い製造技術と新しい技術の開発により、市場シェアを拡大しています。
  • サムスン社は、半導体業界の最大手として高い製造技術を有していますが、ビットコイン価格の今後の推移や新しい技術の開発状況など、不確実な要素が存在するため、成功するかどうかは不透明です。

今後の展望

サムスン社は、3nmプロセスのASICマイニングマシンの開発を進めており、採算性の改善を図っています。また、ビットコイン価格が上昇すれば、マイニングの収益性が向上し、サムスン社のマイニングマシンの需要が高まる可能性があります。

ただし、ビットコイン価格の下落や新しい技術の開発など、不確実な要素が存在するため、サムスン社が成功できるかどうかは不透明です。

参考:

韓国の大手SKテレコムがCryptoQuantと手を組み、暗号通貨ウォレット「T Wallet」リリース「T wallet」は、携帯電話上でブロックチェーンベースのアプリケーションを通じて、トークンを保存し、CryptoQuantのオンチェーン分析ツールにアクセスできるウォレットです。Team BlackbirdのCEOであるKi Young Joo氏は、Coindeskにこのウォレットが市場活動をサポートすることを期待していると述べています。

What's Your Reaction?

like

dislike

love

funny

angry

sad

wow

bfmedia編集部 bfmedia編集部