DeFi入門ガイド

分散型金融、通称DeFiは、分散型のブロックチェーンネットワーク上で運営される新しい金融システムを指します。従来の金融セクターが銀行や金融機関などの中央集権的な仲介者によってコントロールされているのに対し、DeFiは誰にでも中央集権の権威なしに開かれ、透明性があり、アクセス可能です。

2024-02-25 - 20:36
2024-02-25 - 20:47
 0  69
DeFi入門ガイド
DeFiはブロックチェーン技術に基づいており、仲介者なしで金融商品の作成と管理が可能です。

もしビットコイン(Bitcoin)に投資したり、仮想通貨について調査を行ったことがあれば、分散型ファイナンス(DeFi)という用語を一度や二度耳にしたことがあるかもしれません。

仮想通貨の最も重要な約束の1つは、世界中の誰もが場所に関係なく支払いと金融へのアクセスを得ることです。そのため、DeFiの支持者は、それを現在の伝統的な金融サービスに比べて優れた代替手段と見ています。

◆ DeFi(分散型ファイナンス)とは?

仮想通貨の広い分野の中で、DeFi(分散型ファイナンス)は大きな変革をもたらす可能性があります。DeFiとは何か、そして従来の金融システムとどのように比較されるのでしょうか。この初心者向けガイドでは、世界を変えるかもしれない新しい金融システムについてすべてを解説します。

DeFiは、中間業者の制御を受けずにインターネット上で自由に動作する金融ツールの広範なシステムを表す用語です。分散型ファイナンスの世界には、多くの非保管型の金融製品が存在します。非保管型とは、暗号資産を代わりに管理するチームがいないことを意味します。例えば、銀行にお金を預けたり、暗号資産を暗号ローン会社を通じて貸し出したりする場合とは異なります。DeFiでは、常に資産の管理が可能です。

さらに、分散化とは、DeFiプロトコルの作成者がユーザーにネットワークの制御権を与えるために自らの権力を放棄したことを意味します。実際には、DeFiはイーサリアムブロックチェーン上で動作し、ローン、取引所、デリバティブ、取引などの金融サービスに焦点を当てたスマートコントラクトと分散型アプリケーション(DApps)のネットワークです。

もしもローン申請のひどいプロセスを経験したことがあったり、銀行が資金へのアクセスを制限した状況に置かれたことがあれば、現在の金融システムが常に一般市民の側にあるわけではないことがよく理解できるでしょう。代わりに、資金を中央で制御している人々を優遇し、顧客はほとんどコントロールを持ちません。ここでDeFiが登場し、人々を中心とした金融システムを作り出し、汚職や誤管理の余地をほとんど残さないようにします。DeFiシステムでは、すべてのユーザーが平等な権利を持ち、システムはユーザーに資金の制御と取引を自由に行う権利を与えます。

詳細については、DeFiとは?

すでに存在するDeFiアプリケーションでは、即時でのローンを組むことや、余剰資金を他者に貸し出して収益を得ること、そして第三者機関を介さずに資産の取引や交換を行うことができます。もしも多くの人々がDeFiシステムに適応した場合、第三者機関の必要性がなくなり、世界中の何百万人もの人々がよりアクセスしやすい金融世界が創造される可能性があります。

◆ DeFiと従来の金融の比較

DeFiを理解するための最良の方法の1つは、それを従来の金融システム(TradFi)と比較することです。DeFiと従来の金融は、両方とも人々が資産を管理し取引を行うためのシステムですが、その運営方法は大きく異なります。

DeFiと従来の金融の比較

[出典:blockchainx]

中央集権型の金融では、資産クラスやプロセスは企業や個人によって管理されます。一方、分散型金融では、資産は一連のスマートプロトコルによって管理されます。

以下は、DeFiが従来の金融と異なる点のいくつかです。

管理 従来の金融とは異なり、DeFiアプリは機関やその従業員によって管理されません。代わりに、ルールはコード、またはスマートコントラクトとして記述されます。

スマートコントラクトは、ブロックチェーン上で実行され、特定の条件が満たされると自動的に実行されます。スマートコントラクトがブロックチェーンに展開されると、DeFiアプリはほとんど人間の介入なしに自動的に実行されます。しかし実際には、DAppsは通常、バグ修正やアップグレードのために開発者によって維持されます。

これは明らかに、従来の金融とは対照的であり、プロセスが実行されるためには人間との多くのやり取りが必要です。

透明性のあるコーディング

ブロックチェーン上のコードは透明であり、誰でも監査することができます。誰もがバグを見つけ、スマートコントラクトの機能を理解することができるため、ユーザーとの信頼関係が高まります。

取引も公開されており、誰でも閲覧することができます。これはプライバシーの懸念を引き起こすかもしれませんが、取引は擬似的なものであり、直接あなたの現実の身元とは結び付いていません。

これは、従来の銀行システムとは対照的であり、顧客は金融商品がどのように構築または維持されるかについての制御を持っていません。

アクセシビリティ

従来の金融商品のアクセシビリティは、機関によって異なります。国内の取引は通常容易に行われますが、国際取引は別の話です。たとえば、米国に住んでいて、デンマークの誰かにお金を送りたい場合、通常は取引手数料や換金手数料を請求する第三者サービスを利用する必要があります。

DeFiは、グローバルにアクセス可能に設計されており、どこにいても同じサービスにアクセスできます。地域の規制が適用される場合もありますが、ほとんどのDeFiアプリはインターネット接続があれば誰でもアクセスできます。

DeFiと従来の金融の比較

◆ DeFiプロトコル(Protocols)とは?

DeFiの世界をよりよく理解するためには、DeFiプロトコルも理解する必要があります。基本的なレベルでは、プロトコルとは特定のタスクや活動を管理するために作成されたルールや標準です。DeFiプロトコルは、従来の金融世界で見られるいくつかの一般的な落とし穴を解決するためのルールや原則を備えた自律プログラムです。

最近人気を博している多くのDeFiプロトコルがすでに存在しています。これには以下が含まれます:

  • AAVE:DeFiスペースのこの貸出プロトコルは、プロトコルのセキュリティを支援し、そのガバナンスに参加する人々にAAVEトークンを提供しています。
  • Maker:これは人気のある貸出プロトコルで、DAIステーブルコインを開発するのに役立ちます。MakerのネイティブトークンであるMKRは、プロトコルの決定に重要です。
  • Uniswap:ネイティブトークンUNIを持つ主要な分散型取引所(DEX)、特定のプールへの流動性を促進します。

MakerDAOとは、暗号資産ダイ(DAI)を発行する「Maker」および「Makerプロトコル」を管理するDAOプロジェクトです。
MakerDAOおよびMakerはデンマークの起業家、ルーン・クリステセン氏が発案したプロジェクトで、同氏がCEOを務めるメーカー財団(Maker Foundation)によりグロースが行われたあと、完全にDAOへと移行しました。

DAOとは、分散型自律組織(Decentralized Autonomous Organization)の略称であり、WEB3.0(WEB3)での新たな組織の形の一つです。
DAOは基本的にはその組織のガバナンストークンの保有者により意思決定・運営が行われるため、トークン保有者にとって利益があるような組織運営が求められます。

DAOは機能的としては株式会社のような働きですが、組織として透明性が高く、収益分散や意思決定、インセンティブ設計などが自動で行われるなどのメリットがあります。
そのため、DAOは「民主主義的な組織」というよりも「インセンティブ主義的な組織」と称されることがあります。

MakerDAOはDAOの中でも歴史が古いプロジェクトで、DEXプロジェクトのUniswapなどと並び、先進的なDeFiプロジェクトの一つとされています。

その他の人気のあるDeFiプロトコルには、Curve、SushiSwap、PancakeSwap、Compound、Instadapp、Kyber Network、Balancerなどがあります。

◆ DeFiエコシステム

DeFiプロトコルについて理解を深めるには、DeFiエコシステムの他の要素にも目を向ける必要があります。

レイヤー1

DeFiエコシステム内のすべてのプロジェクトは、互いに重なり合ったり、平行して動作したりすることがあります。この重ね合わせのプロセスでは、レイヤー1レイヤー2という用語が重要です。

レイヤー1ソリューションは、DeFiネットワークの主要で基本的な機能部分を指します。これらのソリューションは、エコシステム全体が利益を得たり、コミュニケーションを取ったりするための基盤として機能します。また、他のプロジェクトがより高度なアプリケーションを実行するための信頼性も提供します。

レイヤー1ブロックチェーンには、EthereumBitcoin、Litecoin、Avalanche、Binance Smart Chainなどが含まれます。これらのプロトコルは、安全性、スケーラビリティ、分散性の向上を目指してさまざまな方法論を使用しています。

一般的に使用される方法論には以下があります:

 ▷ コンセンサスプロトコル:これにはProof of Work(PoW)およびProof of Stake(PoS)が含まれます。PoWは、マイナーが複雑な暗号アルゴリズムを解読してセキュリティとコンセンサスを確立します。PoSは、ユーザーがステークに基づいてブロックチェーントランザクションを認証することを可能にします。PoSはトランザクション速度が速いですが、PoWよりもセキュリティが低いとされています。

 ▷ シャーディング:この方法論は、ブロックチェーンをより管理しやすくするために、ネットワークをデータベースブロック(シャード)に分割することを含みます。シャーディングはまだ実験的な段階にあります。

オラクル

スマートコントラクトの利用をさらに向上させるために、いわゆるオラクルが使用されます。オラクルとは、スマートコントラクトに外部データを提供し、ブロックチェーン内に存在するスマートコントラクトがそのドメインの外部からデータを受け取ることを可能にする第三者サービスです。

オラクルは、スマートコントラクトにリアルタイムの外部データを供給するデータソースとして機能します。例えば、資産の価格などのリアルタイムデータにアクセスできます。オラクル自体はデータソースではなく、リアルワールドのイベントに関連するオンチェーンデータを検証する層です。検証されたデータは、その後スマートコントラクトに送信されます。

最もよく知られたオラクルブロックチェーンは、Chainlink(チェーンリンク)です。オフチェーンデータの統合を最初に提供したこのブロックチェーンは、先行者としての利益を活用しています。現在、このプロトコルは10億以上のデータポイントを含み、1,000以上のプロジェクト統合と700以上のオラクルネットワークに価値を提供しています。

◆ DeFiの活用事例

DeFiは急速に変化するエコシステムであり、従来の金融世界に比べてはるかに進化しています。以下は、DeFiの主な利用事例のいくつかです。

▷分散型取引所  (Decentralized Exchanges)

DeFiでは、非常に重要なのが分散型取引所です。分散型取引所(DEX)は、暗号通貨トレーダーが資金の管理を信託機関や仲介者に委ねることなく、直接取引を行うことができるピア・ツー・ピアのマーケットプレイスです。

代わりに、スマートコントラクトを使用して取引が行われます。これらの取引所は、中央集権的な機関が取引を監視し、承認することを排除するために作成されました。暗号通貨のピア・ツー・ピアの売買を可能にします。また、通常、非信託型であり、ユーザーはウォレットのプライベートキーを完全にコントロールします。

最初の分散型取引所は2014年のNXTでしたが、それ以降、多くの競合するDEXが登場しました。Uniswapは最もよく知られたDEXの一つであり、多くの他のプロジェクトが同様の分散型取引所を作成するためにそのコードベースを使用しました。2022年3月現在、取引量で最大のDEXはdYdXです。

dYdXとは

dYdXは、クロスマージン(口座内の資産のすべてを証拠金として利用すること)で、37種類もの仮想通貨のパーペチュアル取引ができるDEXである。 パーペチュアル取引とは、通常の先物取引と違って、無期限でポジションを保有し続けられる先物取引のことだ

▷分散型マーケットプレイス Decentralized Marketplaces 

分散型マーケットプレイスとは、仲介者を介さずにデジタル資産の取引や投資が行われる場所を指します。これらのスペースはグローバルに利用可能であり、取引を実現するために仲介者が必要ありません。

分散型マーケットプレイス

NFT(不換トークン)の購入は、分散型マーケットプレイスで行われます。NFTマーケットプレイスは、デジタルコレクターがユニークな有形および無形のアイテムの所有権を表すトークンを保管、表示、購入、販売、および作成できるプラットフォームです。NFTマーケットプレイスにアクセスするには、事前に資金を供給した暗号ウォレットとユーザーアカウントが必要です。

NFTが人気を集めるにつれて、分散型マーケットプレイスの数も増えています。最もよく知られているのはOpenSeaであり、取引量でトップのマーケットプレイスでもあります。その他の人気のあるプラットフォームには、Rarible、SuperRare、および分散型マーケットプレイスとコミュニティのネットワークであるDistrict0xがあります。

▷集約者(Aggregators)

現在、分散型金融は、イーサリアムやバイナンス・スマートチェーンなど、複数のブロックチェーンにわたって展開されています。各ブロックチェーンは、独自の金融プロトコルのエコシステムを持っています。このような状況で、分散型集約者が重要な役割を果たします。これらは、複数の取引所での取引を一元化し、ユーザーの時間を節約し、より良い取引を可能にします。おそらく最もよく知られているのは、1inchです。他にはParaSwapや0xのMatchaなどがあります。

▷貸出しと借入し(Lending and Borrowing)

貸出しと借入しは、DeFiの最も人気のあるユースケースの一部です。すでに多くのオープンレンディングプラットフォームが存在し、ユーザーは自分のデジタル資産を他のユーザーに貸し出して利息を得たり、他のユーザーからデジタル資産を借り入れて利息を支払うことができます。

▷収穫農業と流動性プロバイダー(Yield Farming and Liquidity Providers)

収穫農業は、デジタル資産をロックし、通常はスマートコントラクトを介して自動的に報酬を得る方法です。収穫農業プロジェクトでは、通常、ユーザーは流動性を提供した後に受け取るプロバイダートークンをステーキングする必要があります(例:AAVE)。これらのトークンは、新しいタイプのトークンを生成し、使用するか売却することができます。収穫農業は、スマートコントラクトに抜け穴がある場合、ロックされた資産が失われる可能性があるため、ハイリスク・ハイリターンのユースケースと見なされています。

ステーブルコインと合成資産

DeFiスペースで重要なデジタル資産の一つがステーブルコインです。これらの暗号通貨は、価格の変動を抑制し、価格を安定させるために他の資産にペッグされた価値を持っています。しばしば、これらは米ドルなどの法定通貨や金などの他の資産にペッグされています。価格の安定性を提供し、より迅速な送金が可能であるという特性から、これらのコインは貸し手、借り手、トレーダー、そして流動性提供者の間で人気があります。

DeFiエコシステム

[出典:finematics]

合成資産の発行は、ステーブルコインの一種です。これはDeFiの最も複雑なユースケースの一つです。合成資産の発行では、他の何かの特性を模倣するデジタル資産トークンが作成されます。ステーブルコインが通貨やそれに結び付けられた資産の価値に密接に一致しているのと同様に、これらの合成資産は、貴金属からデジタル資産、株式、またはデリバティブまでを表すことができます。さらに、これらは購入、売却、取引が可能であり、これまで流動性がなかったり入手が難しかった資産にアクセスできるようにします。

◆ 結論

DeFiの最大の利点の1つは、中央集権的な機関に頼らずにデジタル資産の財務を管理できることです。ただし、DeFiには潜在的なリスクもあります。しかし、DeFiへの投資方法はいくつかあります。リスクを低減するためには、有望なプロジェクトのトークンに投資する戦略を考えることができます。

そして、あらゆる種類の投資と同様に、DeFiプラットフォームやプロトコルとやり取りする前に、十分なデューデリジェンスを行うことが重要です。DeFiには多くのエキサイティングなユースケースがあり、既にいくつかの有望なDeFiプロトコルが存在しています。

このエキサイティングで急速に成長している業界に投資するためには、SMART VALORに参加し、当社のDeFiセクションをチェックしてください。

[出典:smartvalor]

What's Your Reaction?

like

dislike

love

funny

angry

sad

wow

bfmedia編集部 bfmedia編集部