ビットコインの供給縮小:GlassnodeよりすBTCの現状

Glassnodeによれば、この長期保有者の傾向が2024年4月の半減期に向けて続けば、供給の引き締まりは大幅に増加する可能性があります。しかし、最近の指標では短期保有者が約35,000ドルで利益を得ていることが示されています。

2024-02-19 - 10:00
2024-03-04 - 22:07
 0  13
ビットコインの供給縮小:GlassnodeよりすBTCの現状
2021年5月以降に取引所から個人のコールドストレージやカストディウォレットへと継続して引き出されている170万BTC以上によって推進されています。

2024年初頭に迫るビットコインの半減期と、米国でスポットETFが承認されることへの期待が高まる中で、ビットコインへの熱狂とポジティブなムードがさらに強まっています。このような状況の中、投資家にとって中心となる疑問は、2100万枚のビットコイン供給のうち、どれくらいが実際に流通しており、どれくらいが厳重に保管されているのかということです。

オンチェーンデータの分析を提供するGlassnodeによると、BTCの供給は歴史的に見ても非常に厳しく、不活動のウォレットに保持される割合が増加しているとされます。これは、今年に入ってからの価格の大幅な上昇にも関わらず、長期的なビットコイン投資家たちは自分たちのコインを持ち続けることに強くコミットしていることを示唆しています。

ポイント:

  • Glassnodeのデータによると、ビットコインの供給量のうち68%以上が1年以上動いていないという史上最高の割合を記録しています。
  • さらに、供給量の約42%が3年以上動いていないという、記録的な水準にあります。
  • 長期保有者は、ほとんど売る意向を示さずに、保有量を増やし続けています。
  • 短期保有者は最近利益を得たものの、市場の供給は引き続き限られています。
  • 現在の価格は、新たに供給が市場に出されるかもしれない重要なポイントに近づいています。
  • 今年ビットコインの価格は顕著に上昇しましたが、Glassnodeのデータでは、長期投資家たちは依然として自分たちのコインを手放すことを渋っているようです。ビットコイン供給の年齢別追跡指標は、休眠中のコインの割合が記録的な高さにあることを示しています:

1年以上活動していない供給量が68.8%

2年以上活動していない供給量が57.1%

3年以上活動していない供給量が41.1%

5年以上活動していない供給量が29.6%

BTC:1年以上動いていない供給の年齢層別区分

BTC:1年以上動いていない供給の年齢層別区分

また、「流動性の低い供給」を示す指標も、Glassnodeによると史上最高の1540万BTCに達しています。これは、2021年5月以降に取引所から個人のコールドストレージやカストディウォレットへと継続して引き出されている170万BTC以上によって推進されています。

長期保有者と短期保有者の差が拡大

Glassnodeの分析によると、長期保有者(Long-Term Holder: LTH)と短期保有者(Short-Term Holder: STH)の間の供給量における乖離が拡大しています。

  • LTHの供給量は、歴史的な最高水準に近づいています。
  • STHの供給量は、実質的に歴史的最低水準です。

長期保有者は155日以上コインを保有しているウォレットと定義され、短期保有者は155日未満です。この差は、長期保有者が自分たちの保有を手放すことに極めて消極的であること、そして彼らが流通供給を締め付けながら保有量を増やし続けていることを示しています。

Glassnodeによれば、この長期保有者の傾向が2024年4月の半減期に向けて続けば、供給の引き締まりは大幅に増加する可能性があります。しかし、最近の指標では短期保有者が約35,000ドルで利益を得ていることが示されています。価格が過去の最高値、60,000ドルから69,000ドルの範囲に近づくにつれ、さらに多くの供給が市場に出る可能性があります。

ビットコインコストベースのクラスター分析

ビットコインの供給コストベースを分析することで、キーとなるサポートレベルについての洞察が得られます。Glassnodeは以下の供給クラスターを特定しています:

  • 26,000ドル~31,000ドル:2022年第2四半期/第3四半期に大量に蓄積されました。
  • 33,000ドル~35,000ドル:現在の価格周辺で大量に取引されています。
  • 35,000ドル~40,000ドル:現在の価格より上で、2021年の強気相場(ブルマーケット)からの供給です。

これは、30,000ドル~31,000ドルの範囲が重要な潜在的サポートレベルであることを示唆しており、Glassnodeによると、31,000ドル~33,000ドルの間では活動と取引量が最小限であることが分かります。

ビットコイン:調整済み未消費実現価格分布

ビットコイン:調整済み未消費実現価格分布

半減期が迫る中での供給逼迫

全体的に見ると、Glassnodeのオンチェーンデータによると、現在のビットコイン市場は過去に観測された中でも特に供給が tight な状況にあります。この状態は、2024年の半減期に向けて続くか、あるいは加速する可能性があります。しかし、長期保有者がコインを分配し始めれば、供給の動向は急激に変わる可能性もあります。

半減期が間近に迫るにつれて、投資家はオンチェーンのメトリクスを密に監視し、供給動向の変化の兆しを見逃さないようにすべきです、とGlassnodeは指摘しています。現在のデータからは、市場が次の大きな価格動向に向けてより一層tightになっていることが読み取れます。

[出典:milkroad.com]


半減期(Halving)とは

半減期(Halving)とは、ビットコインなどの一部の暗号通貨において、特定のブロックが生成されるたびに、マイナーに支払われる新規ビットコインの報酬が半分に減少するイベントのことです。ビットコインの場合、約4年ごと、正確には210,000ブロックごとにこの半減期イベントが発生します。

このメカニズムは、ビットコインの供給量の増加率を予測可能で減少するものにすることで、インフレを防ぐ目的があります。最終的には、ビットコインの総供給量が2,100万枚に達すると新規のビットコインの生成は停止されます。半減期は、新規ビットコインの供給量の減少によって、需要が供給を上回ることで価格が上昇する可能性があるため、市場に大きな影響を与えるイベントと見なされています。

ビットコイン半減期(Halving)
2009年 1月 50.00 BTC
2012年 11月28日 25.00 BTC
2016年 7月9日 12.50 BTC
2020年 5月12日 6.25 BTC
2024年 5月? 3.125 BTC
2028年

5月?

1.5625 BTC?

過去の半減期と同様に、2024年のビットコイン半減期は現在のマイニング市場に消し難い影響を与えるでしょう。


Glassnodeとは

Glassnodeは、ブロックチェーンデータと暗号通貨市場に関する高度なオンチェーン分析やインサイトを提供する分析プラットフォームです。このプラットフォームは、ビットコインやイーサリアムなどの主要な暗号通貨のネットワーク活動、取引動向、ウォレットの行動、さらにはマーケットのセンチメントなどを深く掘り下げる様々なメトリクスや指標を提供しています。

Glassnodeは、投資家、トレーダー、研究者などが市場の健全性を評価し、投資戦略を立てるために必要なデータを手に入れることができるようにすることを目的としています。具体的には、未使用取引出力(UTXO)、取引量、アクティブアドレス数、ネットワークの手数料、流動性、ハッシュレートなどの指標を分析し、これらのデータを通じて暗号通貨市場の背後にある基本的な動向や市場の心理を理解するのに役立ちます。

また、Glassnodeはそのユーザーフレンドリーなインターフェースと、初心者から上級者まで幅広く利用できる豊富な分析ツールで知られています。彼らの提供する情報は、市場のトレンド分析、投資決定のサポート、または単純にブロックチェーンエコシステムのより深い理解を得るために使用されます。

What's Your Reaction?

like

dislike

love

funny

angry

sad

wow

だっちゃんxpr xrpの大ファンす。