MicroStrategyはビットコイン追加購入のために転換社債を5億2500万ドルへ増額

マイケル・セイラー:ビットコインは、知恵の女神に仕えるサイバーホーネットの群れであり、真実の火を養い、暗号化されたエネルギーの壁の後ろで指数関数的により賢く、速く、強く成長しています。

2024-03-17 - 20:18
2024-03-17 - 20:19
 0  65
MicroStrategyはビットコイン追加購入のために転換社債を5億2500万ドルへ増額
MicroStrategyは、売却収益を追加のビットコイン購入および一般的な企業目的に活用する予定です。

MicroStrategyは、追加のビットコイン購入資金を確保するため、転換可能シニアノートの発行額を5億ドルから5億2500万ドルへと増額しました。この戦略は2020年に始まり、この提供からの収益を利用してビットコインをさらに購入することを目指しています。

同社は2031年満期の転換可能シニアノートを、年間利率0.875%で、半年ごとの支払い条件で価格設定に成功しました。これらのノートは、資格のある機関投資家向けにプライベートセールで提供され、元本全額で売却される予定です。

2028年3月以降、MicroStrategyは特定の条件の下で、蓄積された利息を加えた全額の元本でノートを現金で償還する選択肢を持ちます。

さらに、特定の条件下では、ノート保有者はMicroStrategyに対し、2028年9月15日までに利息を含む全額の元本でノートを買い戻すことを要求する権利があります。

ノートは、MicroStrategyの裁量で、現金、同社のクラスA普通株、またはその組み合わせに転換される可能性があります。このオファリングからの純収益は、手数料及び経費を考慮した後で約5億1500万ドルと見積もられています。

MicroStrategyは、その保有するビットコインが20万を超え、現在の市場価値で130億ドルを超えるという目覚ましい戦略でビットコインを積極的に蓄積しています。

創業者であり会長のマイケル・セイラー(Michael Saylor)は、MicroStrategyを「ビットコイン開発会社」としての先駆者に位置づけることを目指していますが、その具体的なビジョンの詳細はまだほとんど明らかにされていません。

同社は、企業が従業員にビットコインのライトニング支払いを行えるようにするツールなど、先行アプリケーションの開発も行っています。

MicroStrategyビットコインへの大規模投資は、ビットコインを資産クラスおよび財務資産として検討し、通貨価値の下落やインフレに対する保護手段としての企業の関心が高まっていることを示しています。

マイクロストラテジー・インコーポレーテッド(MicroStrategy Incorporated)について

マイクロストラテジー(Nasdaq: MSTR)は、自らを世界初のビットコイン開発企業と位置付けています。当社は公開企業であり、金融市場、提唱活動、技術革新を通じてビットコインネットワークの発展に尽力しています。事業として、キャッシュフローや株式・債券の収益を利用してビットコインを蓄積し、これが当社の主要な財務資産となっています。また、業界をリードするAIを活用した企業向けアナリティクスソフトウェアの開発・提供も行い、Intelligence Everywhereのビジョンを実現するためにビットコインアプリケーションの開発にも力を注いでいます。当社の事業構造、ビットコイン戦略、技術革新への注力が、価値創造のための独自の機会を提供していると考えています。

MicroStrategyのCEOであるマイケル・セイラーより:

Bitcoin is a swarm of cyber hornets serving the goddess of wisdom, feeding on the fire of truth, exponentially growing ever smarter, faster, and stronger behind a wall of encrypted energy.

「ビットコインは、知恵の女神に仕えるサイバーホーネットの群れであり、真実の火を養い、暗号化されたエネルギーの壁の後ろで指数関数的により賢く、速く、強く成長しています。」

What's Your Reaction?

like

dislike

love

funny

angry

sad

wow

だっちゃんxpr xrpの大ファンす。